財宝史観

2016年9月 2日

【考察】アイゼンベルグ、渋沢栄一、永野家 ver9.9e

アイゼンベルグ、渋沢栄一、永野家参照

|

2016年7月12日

【財宝史観】日本史【随時更新】 ver2.7

【財宝史観】日本史
戦時、戦後の財宝を主軸に見る歴史です。少しずつ追記していきます。
※人名部のリンクは主に日本語版ウィキペディアです。

1943年3月 フィリピン財宝 田中静壱第14軍司令官専属副官の塚本素山
フィリピンから東京に財宝を空輸

疑獄と謀殺
【wiki拾い読み】古荘四郎彦
1943年3月 田中静壱司令官 マラリアに似た熱病に罹患
この病気の治癒に関しては「生長の家」との逸話あり
※操夫人は生長の家信者で機関誌「白鳩」を購読
1943年10月14日 フィリピン大統領 ホセ・ラウレル就任(-1945年8月17日)
1943年11月1日 軍需省 商工省の大半と企画院とを統合して設置
1943年11月1日 軍需次官 岸信介就任
1943年11月5日
-11月6日
大東亜会議 ■出席した海外首脳抜粋
ホセ・ラウレル(フィリピン)
スバス・チャンドラ・ボース(インド)
汪兆銘南京国民政府
1944年7月 ブレトン・ウッズ協定
1944年7月23日 軍需次官 椎名悦三郎就任
1944年7月28日 軍需次官 竹内可吉就任
1945年3月末 ホセ・ラウレル大統領 山下奉文大将の助言でフィリピンを脱出、台湾に向かう。
その後、日本へ亡命、奈良ホテルに滞在。

■日本への亡命に助力
・フィリピン大使館一等書記官:福島慎太郎
松本滝蔵※福島慎太郎と親しい
1945年4月10日 軍需次官 椎名悦三郎就任(-1945年8月25日)
1945年8月14日
-8月15日
宮城事件 森赳近衛第一師団長
反乱軍に殺害される

阿南惟幾陸軍大将
割腹自決

田中静壱東部軍司令官
塚本素山副官と共に宮城に駆けつけ反乱軍を制圧
1945年8月18日 ボース機墜落事故 台北松山空港にて離陸事故、炎上
インド独立資金用の大量の財宝が滑走路に散乱
スバス・チャンドラ・ボース、台北病院にて死亡
1945年8月24日 川口放送所占拠事件 田中静壱東部軍司令官
事件を鎮圧
その夜、司令官室にて拳銃自決
立会は塚本素山副官
※遺書の一つは塚本素山副官宛て
1945年9月12日 ジョージ・I・パーディ フィリピン、台湾を経て横浜に到着
※艦艇番号LST973
1946年2月16日 ジョージ・I・パーディ GHQマッカーサーの元で働き始める
※天然資源局鉱山地質部冶金課長
1948年末まで
1948年12月21日 辻嘉六死亡 ※政友会の黒幕
1948年12月23日 東條英機絞首刑 A級戦犯
1948年12月24日 岸信介
児玉誉士夫
笹川良一
A級戦犯
巣鴨拘置所出所
1949年7月5日 下山事件 国鉄総裁下山定則が死体となって発見
※実行犯と関連疑惑のライカビル
1951年9月8日 サンフランシスコ講和条約 吉田茂首席全権

■全権委員
池田勇人(蔵相)
苫米地義三(国民民主党)
星島二郎(自由党)
徳川宗敬(参議院緑風会)
一万田尚登(日銀総裁)
吉田茂首席全権随員に松本滝蔵
1952年4月9日 もく星号墜落事故 大量のダイヤが事故現場に散乱

■事故死亡者抜粋
三鬼隆:八幡製鐵社長
小原院陽子:宝石デザイナー、大安組のボス安藤明氏の娘

【wiki拾い読み】三鬼隆
【財宝史観】三鬼氏と塚本素山氏
1954年11月24日 日本民主党成立 総裁:鳩山一郎
副総裁:重光葵
幹事長:岸信介
1954年12月10日
-1955年3月19日
第1次鳩山一郎内閣
1955年3年19月日
-1955年11月22日
第2次鳩山一郎内閣
1955年3月26日 鳩山一郎首相 鳩山邸にてマスター・メイソン(第3位階級)昇級儀式。
フィリピンのグランド・ロッジから幹部来日。
1955年9月初旬 ラウレル来日 フィリピンのホセ・ラウレル特使が来日。
※日本占領時の大統領
財宝の行方の調査を神保信彦元陸軍大佐に依頼
9月23日-帰国

24-衆-予算委員会-16号
1955年11月15日 日本民主党解散
1955年11月22日
-1956年12月23日
第3次鳩山一郎内閣
1974年1月7日 田中角栄 マルコス・フィリピン大統領主催晩餐会
1998年7月13日 BIS月例総会 BIS(国際決済銀行)
東京にて開催 ※歴史上初
2014年4月23日 オバマ大統領 安倍晋三首相と非公式夕食会
塚本素山ビルB1の「すきやばし次郎」にて

■補足情報

安藤明氏が金主で昵懇→松前重義(東海大学創立者、世界連邦建設同盟会長)

|

2016年7月 9日

【財宝史観】三鬼氏と塚本素山氏 ver1.2

【wiki拾い読み】三鬼隆 を書きましたが、

三鬼氏とその後継の永野重雄氏と親しかったのが、塚本素山ビル塚本素山氏です。

塚本氏が三鬼氏とのつきあいから株式を取得したのが日鐵中央機械(株)です。
この日鐵中央機械(株)に大阪鋳物(株)を統合し、(株)日鐵中央機械製作所となりました。

塚本總業(2016年3月12日 (土) 14:35 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

塚本總業株式会社(つかもとそうぎょう)は、1956年元旦、日鐵中央機械製作所・日新興業・日新実業の合併により、塚本素山を社長として創立された総合商社である。
……
前史
……
素山の兄である秀進が経営する塚本機械工業は中央機械製作所という工場を持っていたが、戦時中は日鐵に買収された専属工場であった。過度経済力集中排除法の指定などを受けて、
三鬼隆は素山へ工場の経営を是非と勧めた。素山は持株会社整理委員会の承認を得て工場の全株式を取得した。さらに大阪鋳物を吸収する形で、1949年日鐵中央機械製作所が大阪に設立された。

フィリピンの山下財宝の話でも、宮城事件でも、何故か塚本氏は登場しないのが不思議です。

ちゃんと史実に立ち会った人たちの話では登場するのですがね。

佐々木榮一郎氏:東部軍管区司令部・田中静壱大将副官

相浦紀一郎氏:近衛歩兵第二連隊第三機関銃中隊長 陸軍大尉、元大阪商船三井船舶社長

商船三井歴代社長-歴代社長辞典

|