RFID

2013年2月17日

RFIDとETCと道路料金システム ver1.5

RFID (radio frequency identification) @IT情報マネジメントより抜粋

RF-ID / アールエフアイディ / 無線自動識別 / 電波方式認識
……
 ICチップを組み込んだデバイスの形状や電波の強さによってさまざまなシステム/サービスがあり、「ICカード公衆電話」のようにリーダー(読取 装置)に置くものから、JR東日本の「Suica」やビットワレットの電子マネーサービス「Edy」のようなかざすタイプ、道路料金システムの 「ETC(electronic toll collection)」のように数十メートル離れて交信するものもある

■(財)道路交通情報通信システムセンター(VICSセンター)
東京都中央区京橋2-5-7 日土地京橋ビル

日土地京橋ビル

8F (財)道路交通情報通信システムセンター ■監事:嶋津昭
(株)日本宝くじシステム代表取締役社長
ご近所シリーズ97

元会長:森下洋一関西電力参照
2F みずほ銀行宝くじ部
2F みずほドリームパートナー(株) 本社
※宝くじ業務の補助会社
■業務部・通信販売部
文京区白山5-16ー6 日土地原町ビル本館2F
1F 東京宝くじドリーム館 全国自治数字選択式くじの抽選会場
■旧所在地
千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル
1F 宝くじ京橋ドリームチャンスセンター 宝くじ売場
(株)日本宝くじシステム

■考察
森下洋一元会長→関西電力日本宝くじシステム・コネクションが連鎖。

|

スタッフ・アップアネックスからRFIDコネクション ver1.1

スタッフ・アップアネックスからRFIDコネクション

団体名 役員など 経歴抜粋
(株)スタッフ・アップアネックス 監査役:山田秀雄  山田・尾﨑法律事務所 所長
サトーホールディングス(株) 取締役:土橋郁夫
元副会長
(一社)日本自動認識システム協会 会長
(一社)日本自動認識システム協会 登録技術者:鳥取猛志 アールエフ・レボリューション(株)取締役CTO
アールエフ・レボリューション(株) 代表取締役:福元健 EXSAC(株)代表取締役
アールエフ・レボリューション(株) 取締役:一柳良雄 (株)一柳アソシエイツ 代表取締役
(株)サーラコーポレーション 監査役
(財)岩谷直治記念財団 理事
アールエフ・レボリューション(株) 取締役:西田享平 岩谷産業(株)専務取締役
新コスモス電機(株)取締役
アールエフ・レボリューション(株) 取締役:村井勝 (株)ネットラーニングホールディングス 取締役特別顧問
アールエフ・レボリューション(株) 監査役:宮川雅行 (株)宝くじネット取締役
日本ハーデス(株)取締役

■関連記事
通産官僚とRFID〜その1

|

2013年2月14日

EXSAC

EXSAC(株)
2007年6月1日-設立(千代田区九段南4-6-9)
2011年6月10日-千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア 1274に移転

定款
1.情報システム、通信システムに関る事業の企画・運営
2.情報システム、通信システムの調査、開発、販売
3.前各号に関する教育研修の企画・運営
4.前各号に関する人材派遣業
5.出版業
6.インターネットによる商品の販売及びサービスの提供
7.前各号に付帯する一切の業務

代表取締役 福元健 未詳-日本オラクル(株)
未詳-日本アイ・ビー・エム(株)
2006年6月-アールエフ・レボリューション(株)代表取締役
通産官僚とRFID〜その1参照
通産官僚とRFID〜その3参照

■無線局登録状況(総務省電波利用ホームページより2010年に取得)
950MHz帯(RFID帯域)構内無線局

登録人の氏名又は名称 登録の所轄総合通信局 登録の年月日 登録の有効期間
EXSAC(株) 関東総合通信局 平19.7.26 平24.7.25
(株)みずほ銀行 関東総合通信局 平19.7.26 平24.7.25
TDK(株) 関東総合通信局 平19.7.26 平24.7.25

■考察
TDK(株)→駐日ルクセンブルク大公国大使館・総領事館イノテックご近所シリーズ21

|

2012年12月16日

ビー・ユー・ジー

(株)ビー・ユー・ジー
本社
札幌市厚別区下野幌テクノパーク1-1-14
東京オフィス
千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1F

業務内容抜粋
■ICカードリーダーライター事業
おサイフケータイにも対応する非接触ICチップカードリーダーライターとそれに関連するソリューションを開発、提供しています。「ピットタッチシリーズ」は、モバイルマーケティングの支援事業や、勤怠/入退室管理、認証システム等、さまざまなビジネスシーンでご利用いただけます。

|

高速電力線通信推進協議会と電子タグ

高速電力線通信推進協議会(PLC-J)事務局
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル11F 一般社団法人電波産業会
TEL 03-5510-8596 FAX 03-3592-1103
※高速電力線通信(PLC)はPower Line Communicationの略

電力線搬送通信 〜wiki
電力線搬送通信(でんりょくせんはんそうつうしん)は、電力線を通信回線としても利用する技術。電力線通信、PLC(Power Line Communication)、PLT(Power Line Telecommunication)とも呼ばれる。

■兵庫県立大学/大阪大学・SIITタマサート大遠隔教育
講義スケジュール
2008年1月17日
電子タグの理論と応用

白川功氏、松村謙次氏→通産官僚とRFID〜その1参照

パワーライン・ネットワークス(株)
大阪市北区東天満2-6-8 篠原東天満ビル 503号
代表取締役:平綱眞吾
2008年5月1日-設立

業務内容
PLC(電力線搬送通信)の開発、およびマイクロプロセッサを使用した装置やシステムをOEMおよび自社製品として開発・製造を行なう。

業務実績抜粋
自動封入封緘機
原稿を折込、封筒に封入・封緘する装置のコントロール基板
→ 『各種モータ制御技術』、『シーケンス制御技術』、『制御ソフトウェア技術』

1216a

|

2011年9月15日

ユビキタス移動体通信システムLSI

【公開番号】    特許公開2005-51724
【公開日】    平成17年2月24日(2005.2.24)
【発明の名称】   
ユビキタス移動体通信システムLSI

【出願番号】    特許出願2003-309387
【出願日】    平成15年7月30日(2003.7.30)
【出願人】   
【識別番号】    502433977
【氏名又は名称】   
加藤 友康
【発明者】   
【氏名】   
加藤 友康

複数の規格の移動体通信および無線ネットワーク通信利用を1台の携帯端末で可能にする。

低雑音増幅器、ミキサ、VCO、PLLなどの高周波RFアナログ回路部分を複数の移動体通信および無線ネットワーク通信システムで利用する周波数帯に共用できるようにしたユビキタスRFアナログ回路を内蔵したユビキタス移動体通信システムLSI。

【参考記事】
通産官僚とRFID〜その1

|

2011年9月 4日

ヤマトマテリアルとRFID

RFID注力中。
今回はヤマトマテリアルの特許です。
会社名で特許検索をすると1件のみです。
親会社のヤマト科学で検索すると特許54件、実用新案が13件もあるのですが、それに比べると随分と少ないというか、どうしてこれだけなのでしょう?
その1件だけなのが--

発明の名称 :   ICタグ付き食器とその成形方法
【出願番号】    特許出願2007-235128
【出願日】    平成19年9月11日(2007.9.11)
【識別番号】    594197975
【氏名又は名称】    大蔵商事株式会社
【住所又は居所】    愛知県名古屋市東区葵一丁目9番18号
【出願人】   
【識別番号】    593096169
【氏名又は名称】    ヤマトマテリアル株式会社
【住所又は居所】    東京都中央区日本橋本町二丁目一番六号

要約:熱硬化性樹脂製のICタグ付き食器において、熱硬化性樹脂の持つ強靭性をICタグの保護に作用させることにより、ICタグを、食器本体に対して安全に取付けることを目的とする。

要は樹脂茶碗にICタグとでもいうのでしょうか?
サッカーボールにICタグを採用検討というニュースをどこかで見たことがありますが、それに類似の感じです。

ヤマトマテリアル(株)現役員抜粋
小寺義信取締役→ケイ・エス・オー(株)(旧・日宝販)監査役
日本債券信用銀行ー改革時役員参照

中村重登監査役
・第一勧業銀行入行
太田昭和監査法人入所
ヤマト科学(株)監査役

小寺義信取締役の前任--
上原知男取締役
・第一勧業銀行奈良/西新宿支店長
・日本土地建物販売(株)代表取締役
三都興業(株)代表取締役
・(株)ヒビヤ・エージェンシー代表取締役
日本土地建物(株)代表取締役副社長
新日本無線(株)監査役

そして、親会社のヤマト科学(株)に
椎名武雄取締役

【関連記事】
HOYAからのコネクション〜その1 ※椎名武雄氏
片岡宝くじ部長と人脈 ※椎名武雄氏

【つぶやき】
ヤマト

|

2011年9月 3日

日本インフォメーションシステムとアポロ・インベストメント

RFIDを注力調査中。またメモ記事。
先ずは次の特許--

出願番号 :    特許出願2009-133335
出願日    :    2009年6月2日
公開番号 :    特許公開2010-283031
公開日    :    2010年12月16日
出願人    :    株式会社日本インフォメーションシステム 外2名
発明者    :    木 村 健 次 外2名
発明の名称: 多層プリント配線板の製造方法および多層プリント配線板

要約:配線パターンのデザイン変更を要することなく、また信頼性よくRFID通信を行う。

【識別番号】    595162563
【氏名又は名称】    株式会社日本インフォメーションシステム
【住所又は居所】    東京都港区浜松町2丁目1番地16号
【出願人】   
【識別番号】    591017353
【氏名又は名称】    株式会社キョウデン
【住所又は居所】    長野県上伊那郡箕輪町大字三日町482番地1
【出願人】   
【識別番号】    597024681
【氏名又は名称】    第一実業株式会社
【住所又は居所】    東京都千代田区二番町11-19

上記、日本インフォメーションシステムはRFID専門総合企業ですが、次のIRがあります。
株式会社日本インフォメーションシステムの株式取得に関するお知らせ(pdf)

第三者割当増資引払込期日:2005年11月29日
株式取得先:(株)アポロ・インベストメント(代表取締役社長:畑伊三己)
取得株式数: 4,000 株(所有割合17.56%予定)

【メモ】
更正株式会社マイカル岡田元也管財人)が
(株)エルメ(大阪市中央区瓦町1−6−10)を(株)イビサ(赤星祐二代表取締役)に株式譲渡
決済日:2002年5月22日

2002年5月23日付で赤星祐二氏は(株)エルメ取締役に就任。

|

アールエフマイコン ver1.3

出願番号 特許出願2002-349077
出願日 2002年10月28日
公開番号 特許公開2004-152241
公開日 2004年5月27日
出願人 加藤友康
発明者 加藤友康
住所又は居所 埼玉県川口市本町3丁目2番7―306号 ※ご近所シリーズ43参照
発明の名称 アールエフマイコン

要約:
異なる無線通信システムやマイコン間でデータや命令やり取りする場合、複雑なシステム変更やプロトコルの追加なしで瞬時行う。
小型無線回路インタフェース3を内蔵した1チップマイコンLSIチップA-A‘間でデータ、命令、プロトコル転送機能を行い、異なる無線通信システム間を有線・無線を介しグローバルに接続する。

■考察
アールエフ・レボリューション(株)のRF技術スペシャリストによる出願。
UHF帯電子タグシステム導入に向けた事前評価方法の検討(経産省 pdf)参照。
アールエフ・レボリューション(株)の実施したICタグ調査検討期間の随分と前になります。
ICタグ調査検討期間→2006年9月26日より2007年3月2日
ちなみにアール・エフレボリューションの設立、解散は--
2003年6月26日--設立(東京都千代田区外神田3−13-2 リナックスビル)
2007年4月17日--株主総会の決議により解散
調査が終わったら、すぐ解散しています。
しかし、その後すぐ--
2007年6月1日--EXSAC(株)(東京都千代田区九段南4-6-9を設立しています。
※アールエフ・レボリューションの所在地ビルと同じで、九段北のハーデス・グループ拠点の靖国通りを挟んだ向かい側のビル。
詳細は、関連記事参照。

■関連記事

通産官僚とRFID〜その1参照
通産官僚とRFID〜その2参照
通産官僚とRFID〜その3参照

|

2011年4月22日

通産官僚とRFID〜その3

アールエフ・レボリューション解散(2007年4月17日)後の2007年6月1日、アールエフ・レボリューションが以前あったビルにEXSAC(株)という会社が設立されます。
※アールエフ・レボリューションの法人履歴は「通産官僚とRFID〜その1」を参照

EXSAC(株)--東京都千代田区九段南4−6−9
※ハーデス・グループ拠点の九段ビルと靖国通り斜向かいのビル
2011年6月10日-千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクェア 1274に移転
福元健代表取締役

情報システムと通信システムとそれに関係する業務の会社ですが、登記簿上は役員が1名だけの会社です。
その役員は、アールエフ・レボリューション最後の代表取締役で清算人であった福元氏です。

そして、EXSACは総務省に次のように無線局登録します。

EXSAC株式会社
無線設備の規格:950MHz帯構内無線局に係るもの
登録の年月日:平19.7.26
登録の有効期間:平24.7.25まで
周波数及び空中線電力:953 MHz

全く同じ2007年7月26日に、みずほ銀行も同じ周波数で登録しています。
953MHzというのは、RFIDの移動体識別用構内無線局の周波数です。
同日のこの条件での登録はEXSACと、みずほ銀行TDKだけで、EXSACがアールエフ・レボリューション人脈であることを考えると、EXSACとみずほ銀行は連携していると考えるのが妥当です。
※アールエフ・レボリューション作成の調査報告書が、みずほ情報総研から経済産業省に提出されたことなども考慮。

さて、このRFID周波数は銀行のICカードに使用されるような周波数帯ではないのですが、EXSACとみずほ銀行はどこで利用しているのでしょうか?
アールエフ・レボリューションの出資者が日本ハーデスであることを考えると、宝くじ関連に使われるのが妥当であると思うのですが実態は見えてきません。
そもそも、アールエフ・レボリューションを解散して、EXSACを過去にアールエフ・レボリューションがあった場所に設立した経緯はいかなるものなのでしょうか?

RFIDのwikiより
日本では、携帯電話や業務無線などで使われており、RFIDに割り当てられない周波数帯であったが2005年に移動体識別用として割当てが開始され--

■参考資料
総務省電波利用ホームページ 我が国の電波の使用状況 使用状況の詳細335.4~960MHz(pdf >総務省)

■無線局情報検索
総務省ー電波利用ホームページ

|