プラネットホールディングス

2015年10月 9日

麻生邸宅ご近所からプラネットホールディングスへのコネクション ver1.6

(財)吉田茂国際基金・法人登記簿での麻生太郎議員の住所が、山下耕平さんの住所番号が同じです。
なるほど、よく見ると住所番号は同じ(地番違い)で、山下邸と斜め隣(南東側)に並んでいるようです。

山下耕平富士総業(株)代表取締役、公共建物(株)代表取締役社長

富士総業(株)→監査役:島田邦雄弁護士:公共建物(株)法律顧問

これで、例のぎょうせいが絡んでくる、みずほ銀行の及川事件と人脈が繋がりますね。

みずほ銀行弁護団=島田法律事務所

麻生邸土地の所有者は、麻生太郎議員から麻生泰氏へ。
抵当権債務者は、麻生太郎議員から(株)Galaxyホールディングスに移ってます。

20151009_133045

2012年12月14日-15億円繋がり

20151009_165306

(株)Galaxyホールディングス
代表取締役社長:麻生巌
千代田会館NBF日比谷ビル

【随時更新記事】麻生による、ぎょうせい買収の検証

麻生巌取締役→(株)キャピタルメディカ南江恭一常勤監査役→(株)オークネット晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーX

9月20日:第一と勧銀のなぞなぞ

(株)オークネット新井裕取締役→(公財)中山人間科学振興財団 監事→本間美邦税理士

虎ノ門キャピタル人脈(pipeo)

さて、(株)Galaxyホールディングスの抵当権者は(株)三井住友銀行となってますね。

(株)三井住友銀行 取締役会長:北山禎介→(一社)日本アスペン研究所 理事長

(一社)日本アスペン研究所 副理事長:村上陽一郎:(公財)中山人間科学振興財団 代表理事

アスペン研究所といえば→ローマクラブ

(株)三井住友フィナンシャルグループ 取締役会長:奥正之ご近所シリーズ09

白山の謎

|

2014年10月 6日

みずほ銀行員ぎょうせい私募ファンド事件 ver1.2

■みずほ銀行員ぎょうせい私募ファンド事件
個人的に、こう呼んでいます。略して「みずほ私募ファンド事件」です。
この件を分析し始めたのは、どなたかが怪文書を日本プロファイル研究所に回してくれたのがきっかけです。

資料A~プラネットホールディングス

なかなか奥が深い文書で、当サイトは宝くじ人脈研究では日本唯一だと思うのですが、その人脈とも繋がることから、徹底的に調査を始めた次第です。

ポイントとなるハコモノ

そして、"ぎょうせい"という会社を麻生大臣の閨閥会社である(株)麻生が買収したことにより、調査の裾野が広がった訳です。

【随時更新記事】麻生による、ぎょうせい買収の検証

自民党宏池会のハココネ争奪で、三極委員会を脱けた加藤紘一議員から麻生太郎議員に、そっくりハココネが入れ替わったような感じになると分析できます。

関連記事は「プラネットホールディングス」カテゴリーを参照。

2014年09月30日:【みずほ銀行】みずほ銀元幹部を詐取容疑で告訴 2億円超、顧客が被害訴え

2014年09月30日:【ネット爆弾】みずほ銀行詐欺被害者の会"の集団訴訟

2014年10月6日:【私募ファンド事件】薬師寺保栄氏 元みずほ銀行行員に1.3億円騙し取られていた

■考察
そして、「プラネット」をキーワードとする一大コネクションへと。
日本の名閨閥が築いてきたハココネの姿が見えてきています。

6月28日:星とか++より

1006a

Nissay

小林星蘭 「日本生命セ・パ交流戦」の応援大使を務めています!(テアトルアカデミー)

(株)テアトルアカデミー
代表取締役:神野嘉文ティー.エフ.シー.(株)取締役
元代表取締役:浅井健二:(株)双海通商 代表取締役、ティー.エフ.シー.(株)代表取締役

双海通商に各方面から熱い視線が注がれている件

|

2014年7月 9日

ぎょうせい、みずほ行員私募ファンド事件、ビットコインの不思議な繋がり ver1.1

ぎょうせい、及川幹雄審査役事件、ビットコイン

この3つの共通点

ぎょうせいグループに介入したのは元がセンチュリー・リーシング・システム(株)のSPCだった(有)プラネットホールディングス
本家は、みずほキャピタルパートナーズ(株)なのは移転履歴と役員からわかります。

みずほキャピタルパートナーズ(株)→郵船ビルディング→弁護士法人淀屋橋・山上合同 東京オフィス
弁護士法人淀屋橋・山上合同→MTGOXと記者会見の弁護士から事情が見えてくる件

ビットコイン事件で突然MTGOX側に弁護士法人淀屋橋・山上合同が登場!?

及川幹雄審査役の住所→千住ミルディス2番館/アトラスタワー北千住

及川幹雄・元銀座外堀通支店副支店長の住所ビルが、ビットコインジャパンと同じ。

本間美邦税理士は、(株)第一勧銀総合研究所の顧問税理士でした。
本間美邦税理士及び従業員の名刺(碓井雅也行政書士事務所)参照

(株)第一勧銀総合研究所日土地内幸町ビル→みずほキャピタル(株)

弁護士法人淀屋橋・山上合同→日土地淀屋橋ビル→みずほ債権回収(株)大阪支店

みずほ債権回収(株)本社→日幸茅場町ビル

みずほ債権回収(株)常務取締役→島田邦雄弁護士→(株)ツガミ 取締役

<みずほ銀行へ及川幹雄被告の使用者責任を問う裁判の傍聴記vol.3>(週刊報道サイト)

|

【随時更新記事】麻生による、ぎょうせい買収の検証 ver2.6

※徐々に追記していきます。

麻生によるぎょうせいおよびプラネットホールディングス取得参照

■時系列

1993年7月22日 (有)シーエルエスエリーゼリーシング 設立→世界貿易センタービル
センチュリー・リーシング・システム(株)のSPC
1997年5月26日 (株)ワールド・アート・ギヤラリー 代表取締役:藤澤乙安藤澤玄雄
2002年5月30日 (株)ワールド・アート・ギヤラリー 監査役:笠原廣志→就任
2002年9月3日 (株)ぎょうせい※1 代表取締役:藤澤玄雄→辞任
2002年9月5日 (株)帝国地方行政学会 代表取締役:藤澤玄雄→辞任
2002年9月20日 (株)ワールド・アート・ギヤラリー 代表取締役:藤澤玄雄→辞任
2005年5月 及川幹雄 みずほ銀行 人事部付参事役→東陽町支店長
2005年7月13日 (株)ワールド・アート・ギヤラリー 代表取締役:伊藤陽司井戸坂実
監査役:笠原廣志梅原浩史
2005年7月19日 有限責任中間法人プラネット 設立→JFEビル
理事:笠原廣志
監事:梅原浩史
2005年7月22日 (有)シーエルエスエリーゼリーシング (有)プラネットホールディングスに商号変更
取締役:井戸坂実→就任

■センチュリー・リーシング・システム(株)
代表取締役会長:濱本光雄
代表取締役社長:福田光昭
常勤監査役:四分一康男
2005年7月22日 (有)プラネットホールディングス 移転→JFEビル
2006年3月13日 みずほ銀行・銀座外堀通支店 銀座通支店に統合して廃止
2006年4月14日 (有)プラネットホールディングス 取締役:井戸坂実梅原浩史
2006年5月12日 (株)プラネット・ファイナンス 設立→JFEビル
代表取締役:宮崎直
2006年5月29日 (株)ワールド・アート・ギヤラリー 移転→ぎょうせいビル
2006年6月1日 (株)帝国地方行政学会 (株)ぎょうせい※2 に商号変更
2006年6月1日 (株)ぎょうせい※1 (株)ぎょうせい※2 に合併解散
2006年7月10日 有限責任中間法人プラネット 社員総会の決議により解散
2006年10月1日 (株)ワールド・アート・ギヤラリー (株)ぎょうせい※3 に商号変更
ぎょうせいビル
2006年10月1日 (株)ぎょうせい※2 (株)ぎょうせい※3 に合併解散
2006年11月30日 (株)プラネット・ファイナンス 代表取締役:宮崎直大畑康壽
2007年1月9日 (株)プラネット・ファイナンス 移転→郵船ビルディング
2007年2月27日 (有)プラネットホールディングス 移転→郵船ビルディング
2007年2月27日 (有)プラネットホールディングス 取締役:梅原浩史笠原廣志
2007年10月11日 ぎょうせいデジタル(株) デジタル(株)に商号変更
2007年10月11日 ぎょうせいデジタル(株) デジタル(株)より分割設立
2008年9月30日 (有)プラネットホールディングス 取締役:笠原廣志山上純一
2008年11月 (株)ぎょうせい 新木場セントラルビルを一棟借り
銀座本社と荻窪本部を移転
2008年12月3日 (有)プラネットホールディングス 取締役:山上純一 新島裕子
2009年3月 及川幹雄 みずほ銀行 本店審査第二部に異動
2010年8月31日 (株)プラネット・ファイナンス 株主総会の決議により解散
2012年10月3日 (株)プラネットホールディングス 設立→千代田会館
発行株式総数:200株/資本金:1,000万円
代表取締役:古野金廣
2012年11月14日 国家基本政策委員会
合同審査会
国会党首討論
野田佳彦vs安倍晋三(YouTube)
2012年11月16日 衆議院解散
2012年11月16日 (株)Galaxyホールディングス 設立→千代田会館
発行株式総数:3株/資本金:3万円
代表取締役:麻生巌
2012年12月4日 選挙公示日
2012年12月11日 (株)プラネットホールディングス 麻生巌代表取締役就任
2012年12月14日 渋谷区神谷町の麻生邸の
抵当権債務者
麻生太郎議員→(株)Galaxyホールディングス
債権額:15億円
抵当権者:(株)三井住友銀行
2012年12月14日 (株)プラネットホールディングス
第三者割当増資
(株)Galaxyホールディングスが15億円分取得
2012年12月16日 第46回衆議院議員総選挙
2012年12月17日 (株)麻生 千代田会館創建御堂筋ビル
みずほ銀行より、300億円借入実行日
2012年12月17日 (株)麻生 次の会社の株式取得
(有)プラネットホールディングス
・(株)ぎょうせい→ぎょうせいビル
2012年12月17日 (有)プラネットホールディングス 移転→千代田会館
2012年12月17日 (有)プラネットホールディングス 取締役:新島裕子麻生巌
2012年12月17日 麻生太郎政経セミナー ホテルニューオータニ
2012年12月26日 安倍晋三内閣発足

|

2014年7月 8日

みずほ&自民党最大のスキャンダル!!闇献金98億迂回融資で麻生が便宜供与

みずほ&自民党最大のスキャンダル!!闇献金98億迂回融資で麻生が便宜供与
国際新聞

■つぶやき
ぶり返してきましたよ。
なぜ、プラネットという名前を使うのか?
なぜ、所在地がそこなのかも含めて再検証の余地ありです。

|

2014年6月27日

みずほ銀元支店長、3億円詐取か 顧客らに投資持ちかけ

みずほ銀元支店長、3億円詐取か 顧客らに投資持ちかけ
2014年6月23日21時15分 朝日新聞

みずほ銀行の元幹部行員が顧客ら3人に投資を持ちかけ、計3億円超をだまし取った疑いがあることが、わかった。顧客らはみずほ銀や元行員に損害賠償を求めているが、みずほ銀は「銀行に法的責任はない」と主張している。同行は警視庁金融庁に問題を報告した

 顧客らが提訴した損害賠償請求の訴状などによると、元行員は都内の支店長だった2005年から退職した12年までに、顧客ら3人に「みずほ銀行が元本を保証し、毎月3%の利息を配当する」などと投資商品の購入を持ちかけた。顧客らは計4億9700万円を払い、配当などとして2億円程度を受け取ったが、残金は返されていない。元行員は12年9月に退職し、その後連絡がないという。

 元行員は支店のほか、本店に異動後は都心にあるみずほ銀の「内幸町本部ビル」で顧客らと面会することもあったという。

■考察
メジャー新聞にもついにこの事件が登場!!!
みずほFGの総会直前の夜に出てたですね。
どこの支店長かわかれば、ハココネで推測できることがあるかも。

みずほ銀行支店長3億円詐取(敬天新聞)

資料A〜プラネットホールディングス

|

2013年1月16日

プラネットホールディングスとセンチュリー・リーシング・システム ver1.2

■(有)プラネットホールディングスの前身
センチュリー・リーシング・システム(株)の子会社→(有)シーエルエスエリーゼリーシング
※シーエルエス=CLS=Century Leasing Systemの略
1993年7月22日-設立
同社は、シーエルエス〜の名称で多くのSPC的会社を作っている→世界貿易センタービルが所在地のシーエルエス・シリーズ

■(有)プラネットホールディングスへの商号変更
2005年7月22日-商号変更

■当時のセンチュリー・リーシング・システム(株)役員抜粋(H16)
※シーエルエスエリーゼリーシングからプラネットホールディングスへ移行前の時期

代表取締役会長 濱本光雄 1962年4月-(株)第一銀行 入行
1987年4月-(株)第一勧業銀行 浜松町支店長
1991年6月-同行 取締役ロンドン支店長
1993年5月-同行 常務取締役ロンドン支店長
1994年6月-勧角証券(株)代表取締役副社長
1996年6月-第一勧銀カード(株)代表取締役社長
1998年6月-センチュリー・リーシング・システム(株)代表取締役副社長
1999年6月-同社 代表取締役社長
2003年6月-同社 代表取締役会長
監査役 大須賀克爾 1967年4月-(株)第一銀行 入行
1990年1月-(株)第一勧業銀行 飯田橋支店長
1994年7月-(株)第一勧銀ビジネスサービス 取締役
1995年6月-(株)第一勧業銀行 取締役関連事業部長
1996年4月-同行 常務取締役
1997年5月-同行 常務取締役管財部長
1997年12月-山万アーバンフロント(株)代表取締役社長
2001年6月-アーバンフロント(株)代表取締役社長
2003年6月-澁澤エステートサービス(株)代表取締役社長
2003年6月-小伝馬町ビルデイング(株)代表取締役
2003年6月-センチュリー・リーシング・システム(株)監査役
2004年12月-中央不動産(株)副会長執行役員
2005年3月-(株)白洋舎 監査役
2006年6月-中央不動産(株)特別顧問
ほか
宝くじ部担当役員
※元第一勧銀会長 藤森鐵雄氏の娘婿→小川平吉参照
監査役 穴井二三徳 1970年4月-朝日生命保険相互会社 入社
2002年4月-同社 取締役常務執行役員
2002年6月-センチュリー・リーシング・システム(株)監査役
2003年3月-(株)白洋舎 取締役
2005年4月-朝日生命保険相互会社 取締役専務執行役員

ポイント→山万絡み
・第一勧銀カード(株)-東京都中央区日本橋小網町6-1 山万ビル
・山万アーバンフロント(株)

|

2013年1月13日

麻生によるぎょうせいおよびプラネットホールディングス取得 ver1.1

(株)麻生の第52期半期報告書より(pdfの52-53pを参照)

5 【経営上の重要な契約等】
当社が平成24年10月3日に株式取得等を目的として設立した株式会社プラネットホールディングス平成24年12月17日付で、 有限会社プラネットホールディングス 及び株式会社ぎょうせいの株式を取得した。なお、詳細については、「第5 経理の状況 1中間連結財務諸表等 (1)中間連結財務諸表注記事項(重要な後発事象)」に記載している。

(6) 取得した議決権比率
   有限会社プラネットホールディングス 100%
   株式会社ぎょうせい                        100%

2 被取得企業の取得原価及びその内訳
  32,430百万円(取得に直接要した費用は含まれていない。

3 支払資金の調達及び支払方法
  株式取得資金は、主として株式会社プラネットホールディングスにおいて平成24年12月17日に下記金融
機関からの借り入れにより調達した。
(1) 借入先の名称、借入金額、借入条件、借入の実施時期及び借入返済日
借入先の名称     借入金額   借入金利              借入実行日          満期日
みずほ銀行  18,500百万円   基準金利            平成24年12月17日   平成25年1月17日
みずほ銀行  11,500百万円   基準金利+スプレッド 平成24年12月17日   平成25年6月17日

■考察
何気にビッグニュースですね。

|

人事:ぎょうせい

(株)ぎょうせいのHPの会社概要を見てみたら、結構役員が替わったような。
(株)麻生のメンバーがほとんど。ドワンゴも麻生巌取締役だし……。
何より(株)のほうのプラネットホールディングスの人が取締役に入っちゃってますね。

代表取締役 麻生巌 (株)麻生 代表取締役社長
(株)ドワンゴ 取締役
取締役 古野金廣 (株)麻生 代表取締役専務
(株)プラネットホールディングス 代表取締役
取締役 成吉弘次 (株)麻生 取締役
監査役 大濱理 (株)麻生 経営支援本部経理財務部
監査役 鈴木祐一 八重洲総合法律事務所 所長
(株)コモンウェルス・エンターテインメント 監査役
(株)ドワンゴ 監査役

■考察
(株)プラネットホールディングスのある千代田会館は、以前(財)国際開発高等教育機構があったビルです。
まあ、この辺から国際金融勢力臭がプンプンなのですがね。
(財)国際開発高等教育機構は今は名称変更して、(一財)国際開発機構です。
所在地は、東京都港区麻布台2-4-5のメソニック39MTビル
つまり、フリーメイソン&森トラスト絡み。

■参考記事
虎ノ門キャピタル人脈

■麻生家と国際金融勢力
加納久朗
〜wiki

横浜正金銀行入行後、ロンドンにて駐英大使吉田茂の親交を得る。ロンドン支店支配人となって国際決済銀行理事会副会長にも就任。取締役として同行北支最高責任者として経済情勢分析などにあたる一方、木戸幸一に蒋介石政権の真意や国民党と共産軍の意図など、現地の政治情勢を報告する(「重慶情報」)。北京で終戦を迎え、戦後の混乱の収拾に尽力した。

家族・親族
二女 英子(実業家伊藤英吉に嫁する)※父・竹之助は伊藤忠兵衛(初代)の長女・ときの娘婿
妹・夏子(実業家
麻生太吉三男太郎の妻麻生太賀吉の母。太郎の祖母。)
孫・久美子(首相
橋本龍太郎に嫁する)

麻生巌〜wiki
趣味はテレビゲームやカードゲームである。『カルドセプト』や『Demon's Souls』などを好む。ドワンゴ会長の
川上量生とは飲み会で知り合い、マジック:ザ・ギャザリングの話題で意気投合、のちにドワンゴの取締役に就任することになった。川上や2ちゃんねる管理人だった西村博之らと焼き肉屋でニンテンドーDSに興じることもある。 父方、母方の双方から大久保利通の血を継ぎ、2007年末の「Venture(企業家倶楽部)」ではインタビュアーから大久保利通と似ているとの指摘を受けている。

|

2012年12月 2日

シンワアートオークションとサーラコーポレーション ver1.5

シンワアートオークションとサーラコーポレーションの共通点

伊藤惠一会計士→白山地名住所会計士

会計監査人/役員抜粋
シンワアートオークション
会計監査人/役員抜粋
サーラコーポレーション
H17 木下邦彦
田宮紳司
監査役:佐野洋二
木下邦彦
伊藤惠一
監査役:一柳良雄
H18 木下邦彦
田宮紳司
監査役:佐野洋二
木下邦彦
伊藤惠一
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝
H19 木下邦彦
田宮紳司
須藤修司
監査役:佐野洋二
木下邦彦
伊藤惠一
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝
H20 木下邦彦
伊藤惠一
須藤修司
監査役:佐野洋二
木下邦彦
河西秀治
渡辺眞吾
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝
H21 木下邦彦
伊藤惠一
監査役:佐野洋二
木下邦彦
河西秀治
渡辺眞吾
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝
H22 伊藤惠一
石田勝也
取締役:木下邦彦
監査役:佐野洋二
河西秀治
伊藤惠一
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝
H23 伊藤惠一
石田勝也
取締役:木下邦彦
監査役:佐野洋二
伊藤惠一
田宮紳司
渡邊浩一郎
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝
H24 滝口隆弘
石田勝也
取締役:木下邦彦
監査役:佐野洋二
伊藤惠一
田宮紳司
渡邊浩一郎
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝
H25 UHY東京監査法人
車田英樹
鹿目達也
取締役:木下邦彦
監査役:佐野洋二
藤田和弘
田宮紳司
渡邊浩一郎
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝
H26 UHY東京監査法人
谷田修一
鹿目達也
取締役:木下邦彦
監査役:佐野洋二
藤田和弘
田宮紳司
加藤敦貞
取締役:一柳良雄
監査役:杉井孝

■佐野洋二監査役(日本アイ・ビー・エム出身)→MOS合同法律事務所所属
MOS合同法律事務所
東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル8階

交詢ビルといえば→交詢ビルディング(財)交詢社

■杉井孝監査役→弁護士法人杉井法律事務所
弁護士法人杉井法律事務所
東京都中央区日本橋浜町2-17-9 栗田美術館ビル5階

栗田美術館→栗田英男
栗田英男〜wikiより
栗田英男(くりた ひでお、1912年12月20日 - 1996年10月4日)は、日本の実業家(肥料商、東京毎夕新聞社主、鉱山経営者)、総会屋、元衆議院議員、美術評論家(栗田美術館創設者)。中央大学法学部中退。
……
下野後は栗田政治経済研究所を足場に、理論派総会屋の巨魁として君臨(企業防衛白書等に明記)。「栗田先生へのご挨拶なしに総会は開けない」と怖れられる程の権勢を誇り、多くの企業の検査役・顧問を務める傍ら、正力松太郎亡き後の日本テレビ粉飾決算事件等で勇名を馳せたが、元代議士の威光もあって一度も摘発を受けずに済んだ。
……
小川薫 - 門弟

東京毎夕新聞
昭和8年(1933)8月29日、王仁三郎が名誉社長に就任。他にも信者が経営や編集に参画したので、事実上、大本の機関新聞となる。 昭和10年(1935)5月には完全に大本の経営となり、人類愛善新聞社が東京毎夕社内に移転する。

■参考記事
通産官僚とRFID〜その1

岩谷産業からのコネクション

アールエフ・レボリューション設立記事

世界連邦運動〜wiki連鎖

白山会計士の謎その2:サーラコーポレーション

名古屋財閥と人脈〜神野家

■つぶやき
ブルドックソースと日東工器を彷彿とします。
監査法人には、会計士のローテーション・マジックがありそうですなあ。
一柳さんと杉井さんは、泉井事件大蔵省接待汚職事件をご存じの方なら説明は不要でしょう。

|