不可解事件

2014年4月 9日

小保方さんの弁護士 ver1.3

小保方さんの弁護士

三木秀夫〜wiki
2002年1月に、角川書店(現・角川ホールディングス)が、雑誌・新聞についての商標として「NPO」「ボランティア」を出願し、特許庁で翌年4月に登録された問題で、全国のNPOやボランティアセンター等を代理して商標異議申立をし、登録取消を得た。

食品関連で、
船場吉兆の食品偽装問題の際に同社の社内調査委員として調査に参画、2007年12月10日に開かれた同社の謝罪会見(いわゆる「ささやき女将会見」)に女将と並んで同席した。2013年に発生した阪急阪神ホテルズでのメニュー虚偽表示問題では、調査のための第三者委員会委員となった。

三木秀夫法律事務所
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビル 601号室

偶然?にも同じビルには今話題沸騰中の「みんなの党」の支部があります。

リーガル西天満ビル 903号室→みんなの党大阪府広域第一支部(代表:和田誠一郎

和田誠一郎弁護士さんのようです。

芦屋豪邸でのライブ・ タックルマン通夜式 (思聞のひとりごと)

和田誠一郎さん(弁護士。橋下大阪府知事を担ぎ出した一人)、弟の敬三さん(「三愛」社長・二人は善教寺門信徒)。

三愛社長ならば、西銀座デパートについて詳しそうですね。
そういえば、みんなの党は藤森鐵雄・元第一勧銀会長の娘婿さんで宝くじ部担当取締役だった大須賀克爾監査役がいる白洋舎の弁護士監査役を以前、立候補させてましたね。
と……、話が逸れたので戻します。

三木秀夫 伊藤忠商事(株)補欠監査役
(公財)大阪コミュニティ財団 監事→大阪商工会議所
(NPO)日本サスティナブル・コミュニティ・センター 顧問
(NPO)大阪NPOセンター 理事

■伊藤忠商事(株)
監査役:間島進吾人事:伊藤忠商事参照
監査役候補:宮本裕日本ハーデス(株)代表取締役社長

■(公財)大阪コミュニティ財団
監事:横井康:岩谷産業(株)会計監査人
世界連邦運動と協立監査法人参照

■(NPO)日本サスティナブル・コミュニティ・センター
理事:平澤創:(株)フェイス 代表取締役社長
監事:土井充ストライダーズ参照

■(株)フェイス
監査役:菅谷貴子数字選択式くじ立会弁護士の背景参照

■(株)ストライダーズ
監査役:國吉歩数字選択式くじ立会弁護士の背景参照

■(NPO)大阪NPOセンター
代表理事:金井宏実
・金井重要工業(株)代表取締役会長
・(一社)関西ニュービジネス協議会 理事

副代表理事:長谷川恵一
・(学)エール学園 理事長
・(一社)心学明誠舎 副理事長
・(一社)関西ニュービジネス協議会 常務理事
・(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 顧問

なんだか、伊藤忠商事とストライダーズ(旧 バーテックスリンク)が出てきて、親中派の世界連邦運動系の臭いがまたしてきました。

三愛&理化学研究所→市村清〜wiki拾い読み参照
三愛 監査役:安藤誠一:(一社)日本国際文化協会 監事→ヴェールヴァリエ北参道 204号
ヴェールヴァリエ北参道 204号→(NPO)日本フィンランド文化友好協会→代表理事:松平恒忠(弟:徳川恒孝:徳川宗家第18代当主)

三愛を入れると見事な連鎖ですね。
世界連邦運動が支援する小保方さんなのでしょうか?

|

2014年3月15日

蓮舫議員が地域デザインオフィスを糾弾〜その2 ver1.6

蓮舫議員が地域デザインオフィスを糾弾〜その1の続編

地域デザインオフィスのレンタル・オフィスが判明

やはり、当ブログで既に記事にしていた興味深いビルでした。
それは……、ちよだプラットフォームスクウェア

同ビルの紹介記事に例の郵便受けが→ちよだプラットフォームスクエア(SeNaHa 640)

0315a

通産官僚とRFID〜その1EXSAC(株)もここが登記住所です。
大平正芳記念財団理事長絡みの団体や松平恒和(徳川宗家第18代当主徳川恒孝の実弟)理事長のNPOもあるのが特筆点でしょう。
ハココネを集めるためのハブ拠点となるビルです。

■ポイント
大平家→(公財)加藤奨学財団→王子製紙→電気化学工業半沢直樹のロケ地〜まとめ

これでピッタリと噛み合いました。

半沢直樹ロケ地情報より
東京中央銀行 札幌支店→内神田282ビル
東京中央銀行 本店→電気化学工業(株)本社の所在地ビル
東京中央銀行 大阪西支店→電気化学工業(株)大阪支店の所在地ビル

蓮舫議員が地域デザインオフィスを糾弾〜その1内神田282ビル

さすが、児玉誉士夫の一族と繋がるTBS。
こっそりと教えてくれてたのですね。

日本の根幹にあるもの参照

■追記
(一社)地域デザインオフィスは、その後、千代田区神田神保町2-13に実際の事務所を構えたとのことですが、神保町MFビルだとすれば、大東通商(株)の管理物件です。

つまりは、マルハニチロホールディングスの中部一族のハコモノという訳です。

|

蓮舫議員が地域デザインオフィスを糾弾〜その1 ver1.9

久々にニュースでハココネ関連の報道がありました。
津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金1730億円が流れる(一社)地域デザインオフィスについてです。

蓮舫参議院議員オフィシャルサイト
●2014年3月14日-参議院予算委員会
●2014年3月14日-質問を終えて

Economic News
●2014年3月15日-地域デザインオフィス採択経緯の徹底究明を

地域デザインオフィスの登記住所はバーチャル・オフィス(蓮舫議員はレンタル・オフィスと表現)らしいです。
営業住所は千代田区神田神保町2-13らしいですが、神保町MFビルなのかどうかは未確認。
※テレビでは神保町MFビルが映っていましたが
隣は神保町STビルで地図上はビル名表記がないビルです。
来週、登記簿を調べてみようと思います。

基金の運営事務局は、みずほ情報総研(株)社会政策コンサルティング部で所在地は内神田282ビル

ハココネで同ビルの日本エスコン役員から平河町宮川ビルにしっかり接続しているところが、もう定石としか言えません。
日本エスコンは富国生命ビルから本社移転してきたのですが、ハココネの接続変更目的でしょうね。
日本エスコン役員からは淀屋橋スクエアへも接続。ここは神戸製鋼所関連の神鋼商事(株)の拠点で、数字選択式宝くじの大阪抽せん回には同ビルの色川法律事務所の弁護士が立ち会うのが慣例となっています。
※トリビア→安倍晋三首相は神戸製鋼所出身。第一勧銀の宮崎邦次元会長も神戸支店次長時代に同社の争議に関係。ハイセイコーのセイコーは神戸製鋼所を意味します。

そもそも、みずほ情報総研(株)は宝くじと人脈も業務も関係が深く、白山事業所は日土地原町ビル宝くじセンターという宝くじの最奥部です。
いわば、旧富士銀行人脈の宝くじ部門がみずほ情報総研といった感じです。
※みずほ情報総研(株)=旧(株)富士総合研究所
※白山事業所→これもしっかり白山ですね。

みずほ情報総研・宝くじシステム部参照

蓮舫議員の今回の資料で宝くじ事業が、何故か書かれているのは、清水信次氏と父親が親しかったため、その辺の情報がいくらか流れているからかもしれません。

宝くじ関係者に台北支店長が目立つ理由を考えてみる参照

いずれにしても、ハココネで考察すれば、どういう事か簡単に理解できる訳です。
逆に、その辺が分からないと一辺倒な分析しかできないのです。

蓮舫議員参院予算委員会資料 - 民主党(pdf)

A_2

B_2

C_2

事業仕分けより:自治総合センターのハココネ参照

|

2012年10月31日

昔のニュース〜福井豪雨に2億円くじ

福井県をこよなく愛して、宝くじ人脈と繋がりが深い人物だと私は思っています。
さて、誰でしょうね?

福井豪雨に2億円くじ 2004年7月24日
<福井豪雨>被災者へと2億円の当選宝くじ 匿名の速達届く(毎日新聞)
豪雨に見舞われた福井県に、1等の2億円が当選したドリームジャンボ宝くじが匿名の速達郵便で届いた。西川一誠・同県知事が24日、明らかにした。西川知事は「元気付けられる。復旧対策に頑張りたい」。災害見舞金として被災者支援に使うという。【兵頭和行】
 県によると宝くじは今年6月15日抽選の「06組198955」。23日午前、「福井県庁内災害対策本部 西川一誠知事」あてに届いた。封筒には、便せんにペンで書かれた次のような手紙が添えられていた(要旨)。
     ◇
 手紙には7月22日の日付があった。封筒には差出人の住所、名前が書かれていたが、架空のものだったという。
 西川知事は「本人に直接お会いしてお礼申し上げなければならないが、匿名なので会見で公表し、感謝申し上げたい」と謝意を表した。義援金と同じ扱いになるため、税金はかからないという。
     ◇
 宝くじは、自分で購入し当選した場合は、当せん金付証票法で非課税扱いとなっている。ただ、当たりくじを譲ってもらった場合、受け取った側には、金額によっては税金がかかる場合がある。しかし、自治体や国などの公共法人の所得には、そもそも税金がかからない。今回も「寄付」を受けた福井県には税金はかからない。

前略、新聞、テレビニュースで福井豪雨の被害を知りました。
 天災の豪雨で多くの方々が被害に遭われたことに対して心から御見舞い申し上げます。
 さて、不幸にも被害を受けられた方々に少しでも援助になれば幸いと思い幸運に恵まれた宝くじ当選券(弐億円)一枚を同封して送ります。
 現金でなく申し訳ありませんがあくまで匿名の寄付ということにしていただきたく、よろしく取り計らいお願い申し上げます。
 本来ならば直接持参すべきところですが、大変失礼と思いますが、住所氏名は記入しませんあしからずお許しください。

|

2011年9月 4日

外神田3丁目狂騒曲

プリヴェ企業再生の株が連日ストップ高で異常高騰していた頃、もう一つ異常高騰した株があります。
それがT・ZONEホールディングスです。
パソコン屋風情がなんでこんなに騰がるの、と当時疑問に思っていました。
それより少し前、にわかに裏側で注目を浴びていたのが、秋葉周辺、とりわけ外神田3丁目です。

■ツートップ--キョウデン傘下
ユニットコム--wikiより
2000年6月 フリーウェイが民事再生法の適用を申請し事実上倒産。その後間もなくキョウデンの傘下に入る。
2002年11月 キョウデンがフリーウェイ(ツートップ)を清算し、新設のツートップ株式会社に売却。

ツートップ(株)--東京都千代田区外神田3−14−10

■T・ZONE.--SFCG傘下
MAGねっとホールディングス--wikiより
2002年(平成14年)3月 - 株式会社CSKが株式会社ヴィーナスファンド・ホールディングスの公開買付に応じ、株式会社ヴィーナスファンド・ホールディングスの子会社(出資比率82.8%)に(ヴィーナスファンド投資事業組合による経営権取得)。

2002年の(株)T・ZONE.事業報告書より
(株)T・ZONE.--東京都千代田区松永町18−1
T・ZONE. AKIBA PLACE--東京都千代田区外神田3−15−1
T・ZONE. PC DIY SHOP--東京都千代田区外神田3−11−4

■アールエフ・レボリューション--日本ハーデス、一柳アソシエイツ傘下
アールエフ・レボリューション(株)
2003年6月26日--設立(東京都千代田区外神田3−13−2)

地図で見ればわかりますが、非常に狭いエリアに3つが集中しています。
そして、共通点については以前にも書きましたが--
ツートップ→岩本信徹代表取締役→白山地名住所→キョウデンエリアネット代表取締役
六本木7−15−7→日本ハーデス登記住所ビル=みずほ銀行六本木支店ビル

次にT・ZONE.ですが、2004年の事業報告書では下記住所に移転しています。
東京都中央区日本橋堀留町1−5−7
ここはユービルで、(株)マイダスキャピタル、(株)ケン・エンタープライズなどSFCG関連会社が多く入っていたビルです。
そして、このビルにはかつて、ある会社も入っていた事が特許検索でわかります。

【発明の名称】 透明部材とその製造方法
【出願番号】 特許出願平5-330768
【出願日】    平成5年(1993)12月27日

【識別番号】    000005108
【氏名又は名称】    株式会社日立製作所
【住所又は居所】    東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
【出願人】   
【識別番号】    000116231
【氏名又は名称】    ワシ興産株式会社
【住所又は居所】    東京都中央区日本橋堀留町1丁目5番7号 ユービル7階

ワシ興産→小野グループです。

【関連記事】
アールエフマイコン
白山とシグマ・ゲイン
アロシステムとアイ・シー・エフ
第一勧銀と小野グループ〜その2
日本ハーデス
岩谷産業からのコネクション

|

2011年8月10日

ブルドックソースTOB事件は再検証の必要あり

タイトルどおり。
当時の普段は経済事件スルーのマスコミの尋常じゃない、国内企業を守れの喧伝。
どの企業も一斉に敵対的TOB対抗の大慌ての対策IR。
ブルドックソースの上位株主の面子。
裁判で登場した弁護士。
ブルドックソースの日本一くじコレクターの監査役。
同社社外監査役の所属するトレジャー・ファクトリー社長の転居先マンション(白山)に総務事務次官初代)=現・日本宝くじシステム代表取締役。

村上ファンドが昭栄新日本無線に仕掛けたTOBと同じ臭いがします。
そういえば、村上ファンドは松坂屋もいじってましたね。
村上ファンドが株式を5%以上取得していた銘柄
ピックアップ→ニッポン放送、タカラ松坂屋サークルKサンクス新日本無線セブンシーズホールディングスGMOインターネット

おそらく通産省コネクションの情報かと。
通産省コネクション例→通産官僚とRFID〜その1

【関連記事】
ブルドックソース買収事件の不可解

【メモ】
岩倉正和弁護士
岩倉具視の6代目の子孫、日本スポーツ振興くじ監査役、ジェット証券監査役、カカクコム監査役
→みずほホールディングスの設立
→みずほ証券を代理してジェイコム株大量誤発注事件による東京証券取引所に対する損害賠償請求
・ニッポン放送→(財)霞山会
・松坂屋→地域活性化センター、白洋舎→NHKアイテックと白洋舎
・サークルKサンクス→小野グループ→第一勧銀と小野グループ〜その2
・新日本無線→勧友商事、第一勧銀伊勢支店長→新日本無線川越製作所近くの白山神社
・セブンシーズホールディングス→三澤千代治氏、平山達大氏、ファーストパートナーズグループ、神楽坂
・GMOインターネット→監査法人出身取締役、paperboy&co、道玄坂
・(株)日本宝くじシステム所在地=東京宝くじドリーム館=日土地京橋ビル→日新建物と管理物件コネクション

【つぶやき】
テレビとかマスコミのプロパガンダに踊らされると本質を見誤ります。
中心軸をずらしてジャックホールディングス社長逮捕劇からライブドア事件に至るまでを見直すと面白そうです。

ブルドックソース現・社外監査役→小島一夫氏→元昭栄(株)執行役員企画部長/専務執行役・CFO
※CFO=最高財務責任者

鎌倉→鎌倉市今泉の白山神社

|

2011年3月17日

ブルドックソース買収事件の不可解

なんだか必要以上にマスコミで話題となった、スティールパートナーズによるブルドックソースへの敵対的TOB。
そもそも日本のテレビは企業ニュースのほとんどはスルーが多いのに、この時は日本企業が乗っ取られる危険がある、とやたら騒いでました。
ブルドックソースは株式など有価証券資産が貯め込まれていて、買収価値があるらしいですが--
果たして、それが敵対的買収の本当の理由なのでしょうか?

そこで、ブルドックソースにもっと何かあるのではないか、とプロファイリングをしてみました。
すると、興味深い事実が見えてきました。

ブルドック社の辻輝彦監査役は日本一の宝くじコレクターなのです。親子二代のコレクターで、TVに出演されたこともあり、片岡一久宝くじ部長自身が書いた本「宝くじ大作戦」でも紹介されている人物です。
宝くじ大作戦」より抜粋>
辻さんのいうことには、「父親の跡を継いで、私は宝くじマニア二代目」だそうだ。父親という人が、大の宝くじファンで、昭和二十七年に亡くなるまで、コツコツと宝くじ札を集めていたと聞く。

それだけなら、そんな人が役員にいる会社もあるかな、と思うのですが、同社の大株主を調べてみると--
みずほ銀行(宝くじ販売受託金融)、凸版印刷(宝くじ印刷)、日本土地建物ケイ・エス・オー=旧・日宝販および日本ハーデスの株主)など、宝くじに絡む会社がポツポツ見受けられます。
※その他、興和名古屋ビルディング(株)経由で第一銀、トータル保険サービス人脈と繋がります。
それもまた、そんなこともあるかな、で見過ごすこととして--

辻輝彦監査役がもう1社、監査役を務めている会社がありました。
それが日東工器(株)です。
興味深いのは、ブルドックソースと日東工器において監査報告書上の監査法人(新日本監査法人)公認会計士2名も同じであった年度が認められることです。※2005年、2006年の監査報告
つまり、監査役と監査法人2名併せて3名が同じ人物なのです。
こういうことは珍しいのではないかと思います。

スティールパートナーズとの裁判でのブルドックソース側の弁護士は、みずほ証券によるジェイコム株大量誤発注裁判も担当した岩倉正和弁護士。
この方の経歴を見ると--
2000年-2007年 日本スポーツ振興くじ株式会社監査役
日本スポーツ振興くじ=totoですね。
くじ繋がりで、これも興味深いところです。

ブルドックソースのもう一人の監査役は(株)トレジャー・ファクトリーの監査役。
トレジャー=ですね。これも面白い偶然なのでしょうか?
スティールパートナーズは何か他に目的があったのではないでしょうか?

【追記】
ちょっと気になったので、トレジャー・ファクトリーの法人登記簿を見たところ--
野坂社長の2009年の移転後住所が文京区白山になっていました。
実は宝くじ関係会社や役員は白山地名の絡みが多く、また何故かその人脈が関わる会社も白山地名と関係があるケースが見受けられるのです。→白山とダイオーズ

【ポイント】
ブルドックソース辻輝彦監査役と日本勧業銀行片岡一久宝くじ部長が知り合いであった点。

|