« 【CSIS】AMTI(CSISアジア海洋透明性イニシアチブ) | トップページ | 8月18日:小泉進次郎議員の最年少総理の可能性を考察 »

2016年8月18日

【政局】蓮舫有利でも出馬を模索 前原誠司の華麗なる変節 ver1.1

蓮舫有利でも出馬を模索 前原誠司の華麗なる変節
2016年8月17日-週刊文春

「実は10日の会談に同席していたのが、小沢氏の側近で知られた松木謙公氏です。旧維新には、小沢系の議員がいて、松木氏はそのまとめ役なのです」(同前)

■考察

松木謙公氏といえば

【政治団体】けんこう冬日会【松木謙公】

Photo

前原誠司 日経・CSISバーチャル・シンクタンク アドバイザー
松下政経塾 8期生
日米欧総合安全保障議員協議会 会長代理
日韓協力委員会 副理事長→小津本館ビル
(公財)世界遺産賀茂御祖神社境内糺の森保存会(糺の森財団)顧問

日韓協力委員会
副会長兼理事長:清水信次:(株)ライフコーポレーション 代表取締役会長兼CEO

稲盛和夫(2016年7月29日 (金) 08:55 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

慈善活動
稲盛財団理事長のほか、
ワールドメイトの深見東州(半田晴久)やオリックスの宮内義彦などとともに、パシフィックフォーラム CSISの日本在住理事を務める
……
政治
かつて存在していた民主党を支持し、
同党元幹事長の小沢一郎とは新進党時代からの仲であり、前原誠司の後援者であった。しかし、2011年2月8日、日本記者クラブで会見し、政権交代後の民主党の体たらくに落胆した、政権交代も民主主義の結果であるが、色んなことが起きて新たな政治体制もできあがるだろう、歳もとったので今後は党への支援には距離を置き静観すると述べた。

20160818_70918

Csis_2

蓮舫議員→清水信次(ライフコーポレーション)→小沢さん

【政局】蓮舫代表代行が出馬表明 民進党代表選

平成政治20年史 (幻冬舎新書) 「平成政治20年史」平野貞夫

ところが暮れが押しせまった頃、問題が起きた。中曽根元首相と渡辺恒雄・読売新聞社 社長が、小沢党首と会って、連立政権から離脱することをやめるよう説得したのである。小沢党首は返事をしない。その時期私は、中曽根元首相のブレーンと称 する元東急エージェンシー会長の前野徹と、小沢党首と親しい清水信次・ライフ社長と、ある団体主催の忘年会で同席した。
……
後日、
小沢党首は私を呼び「政策協議が実現しなければ、連立政権から離脱する。これから前野さんと口論してもよいが、清水さんとは喧嘩しないように」と、注意を受けた

1999年の自自連立(小渕第2次改造内閣)の頃の話です。

やはり、締めはこの図ですな。

Csis_ab_new_2

|

« 【CSIS】AMTI(CSISアジア海洋透明性イニシアチブ) | トップページ | 8月18日:小泉進次郎議員の最年少総理の可能性を考察 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事