« 【年末ジャンボ】豊橋イトーヨーカドーCC【2015】 ver1.2 | トップページ | 1月24日:ハココネでの検証例とか ver1.2 »

2016年1月24日

ダイオーズと岡田屋

単身アメリカへ(ストックウェザー)

(株)ダイオーズ 大久保社長

大学生の時は全日本学生写真連盟の委員長をやっていて全国を飛び回っていたのですが、その頃の日本経済新聞に「流通」のページがありました。日本国内の 量販店など、新しい流通の動きをで掲載していました。そこで、自分の中でこれはと思うものをスクラップして、たとえば大阪へ行くと
千林のダイエーさんや神戸の灘生協に行ったり、
四日市の岡田屋さんに行ったりと、写真連盟の委員長の仕事の傍ら、自分の目で流通の現場を見るということをやっていました。

■考察

【閨閥】岡田家【ジャスコ/イオン】

神戸の生協といえば

賀川豊彦(2016年1月16日 (土) 15:14 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

賀川豊彦(かがわ とよひこ、1888年(明治21年)7月10日 - 1960年(昭和35年)4月23日)は、大正・昭和期のキリスト教社会運動家、社会改良家。戦前日本の労働運動、農民運動、無産政党運動、生活協同組合 運動において、重要な役割を担った人物。日本農民組合創設者。「イエス団」創始者。キリスト教における博愛の精神を実践した「貧民街の聖者」として日本以 上に世界的な知名度が高い。茅ヶ崎の平和学園の創始者である。
……
1920年(大正9年)に自伝的小説『死線を越えて』を出版、一大ベストセラーとなり、賀川の名を世間に広めた。印税はほとんど関与した社会運動のために投じられた。また同年、労働者の生活安定を目的として神戸購買組合(
灘神戸生協を経て現・コープこうべ=日本最大の生協)を設立、生活協同組合運動にも取り組んだ。

ダイオーズも世界連邦運動確定でしょうな。

白山とダイオーズ

|

« 【年末ジャンボ】豊橋イトーヨーカドーCC【2015】 ver1.2 | トップページ | 1月24日:ハココネでの検証例とか ver1.2 »

人脈・コネクション」カテゴリの記事