« 6月6日:ネット巡回+2 | トップページ | 自動車会館ビル ver1.1 »

2015年6月 7日

6月7日:ネット巡回+4

蒋暁松〜wiki

蒋暁松(しょう ぎょうしょう、1951年11月8日 - )は、ボアオ・アジア・フォーラムの元理事。上海市出身。日本では、中国共産党の対日担当の政商として知られる。グリーンピア南紀に関する疑惑にて、一躍日本にて有名人となった。

会社の名称はいろいろとあり、ボアオ投資有限会社、株式会社ボアオ、ボアオグループ、海南博鰲投資持株有限公司、香港BOAOとも言われる。この会社は、主に中国海南島のリゾート開発や運営など幅広く手掛ける。

母親の白揚は中国の超大物女優で、毛沢東や周恩来、江沢民らと親交を結んでいた。そのために、太子党の一種である。日本留学組みで、中国帰国後に母親のコネクションを総動員してテレビドラマや映画の監督となった。

日本での政治工作活動の功績が認められ、現在は中国全国政治協商会議委員といった対外的名誉職も勤める。妻は日本人実業家の
向山徳子(南紀ボアオ代表取締役、日本観光総研取締役など)。

(株)日本観光総研(Hotfrog)

東京都千代田区平河町2-7-5 砂防会館 3F

砂防会館3F (集英社文庫)

2月13日:ラオックスとか

鳩山元首相ら15人訪中へ

二階氏、今月下旬に訪中へ ボアオフォーラム理事長の福田元首相が招待

【wiki拾い読み】チャンドラ・プラサッド・ガジュレル

博鰲鎮(ボアオ/はくごう-ちん)〜wiki

中国の西沙諸島、南沙諸島への最前線地域ですな。


自民「牙城」60年の歴史に幕=砂防会館、老朽化で建て替え
2015年4月26日-The Wall Street Journal

故田中角栄元首相や中曽根康弘元首相ら自民党の大物政治家が事務所を構えてきた「砂防会館」 (東京都千代田区平河町)が、老朽化のため早ければ来年にも取り壊され、建て替えられることになった。政官財の関係者が足しげく通った「権力の牙城」は、 約60年の歴史に幕を閉じる。

 砂防会館は全国治水砂防協会が所有する5階建てのビルで、1957年に完成。耐震診断をしたところ基準値を下回っていたため、今年2月に建て替えを決めた。来年3月までに閉鎖した上で、新たな会館建設に着工、工期は3年を見込む。

 同会館には、かつて自民党本部があったほか、同党田中派が事務所を構え、ロッキード事件の舞台にもなった。森喜朗元首相、青木幹雄元参院議員会長、古賀誠元幹事長は政界を引退した後も同会館に事務所を置いており、現在も政官財の各界から訪問者が絶えない。


【海外派遣】自衛隊がフィリピンの軍事施設利用へ!訪問軍協定で活動拠点提供!中国対策でフィリピン大統領が日本に期待感!
2015年6月7日-真実を探すブログ

フィリピン→カトリック国家→バチカン
日本のグランドロッジは戦後にフィリピンからのれん分けしたもの

南シナ海海戦フラグ

気分はもう戦争 (アクション・コミックス)


日本ロジテック 再エネ賦課金未納により経産省から事業者名の公表へ
2015年5月16日-エネプレ

再生可能エネルギー特別措置法に基づき、納付金を納付しない電気事業者を公表します
2015年5月13日-経済産業省


|

« 6月6日:ネット巡回+2 | トップページ | 自動車会館ビル ver1.1 »

ネット巡回」カテゴリの記事