« 6月23日:ネット巡回+1 | トップページ | 6月27日:ネット巡回+2 »

2015年6月24日

首相動静:2015年6月19日 ver1.3

安倍晋三首相
首相動静(2015年6月19日)(首相動静watcher)

午後6時33分-ニジェールのイスフ大統領を出迎え。記念撮影。
同34分から同41分まで-儀仗隊による儀礼。
午後6時43分から同7時22分まで-イスフ大統領と首脳会談。
同24分から同44分まで-署名式。共同記者発表。
同45分-官邸発。
同46分-公邸着。首相主催の夕食会。
午後8時44分から同45分まで-イスフ大統領を見送り。

■考察

ニジェール〜wiki

鉱業の主力であるウランは確認できるだけで世界第3位の埋蔵量を誇る。アクータ鉱山など、日本にもゆかりのある鉱山があり、ウラン関連産業が全雇用の約20%を占める。

在東京ニジェール共和国名誉領事館→海外ウラン資源開発(株)→黒龍堂芝公園ビル

黒龍堂芝公園ビル(TOKYOカオスエリアコレクション/TCC2)
3F-海外ウラン資源開発(株)
3F-在東京ニジェール共和国名誉領事館
3F-国際ロータリー第2750地区ガバナー事務所

ニジェールの仏アレバ施設と軍基地に連続自爆攻撃、21人死亡
2013年5月24日 ロイター

昨年就任したニジェールのイスフ大統領は親欧米路線をとっており、米軍は同国に無人機の基地を置いているほか、マリでの軍事作戦に参加する西アフリカ諸国軍を訓練するため、同国に軍事顧問を派遣している。またニジェール軍は、仏軍が主導するマリでの作戦に、650人の兵員を送るなど主要な役割を果たしている。

仏軍がマリに介入して以来、フランスの海外拠点は度重なる武装勢力の攻撃にさらされてきた。
1月にはアルジェリアで、日本人を含む外国人らが犠牲となったガス関連施設の人質事件が発生したほか、2月にはフランス人の家族がカメルーンで誘拐され、先月も在リビア大使館が自動車爆弾による攻撃を受けたばかりだった。

アレバ→A​R​E​V​A​ J​A​P​A​N(株)、アレバ・​エヌシー・​ジャパン・​プロジェクト(株)→アーバン虎ノ門ビル→(一財)FA財団

■(株)A​R​E​V​A​ A​T​O​X​ D​&​D​ S​O​L​U​T​I​O​N​S​

旧所在地:東京都中央区新富2-3-4→(株)ビル代行
現所在地:東京都港区芝4-11-3 芝フロントビル

(株)アトックス
木村太郎白山会木村太郎議員)

米有力シンクタンク、対露および対中への抑止力としてF-35Cへの核爆弾搭載を答申
2015年6月23日-business newsline

米有力シンクタンクとなるCenter for Strategic and International Studies (CSIS) の核兵器専門家となるClark A. Murdockが対露および対中への抑止力としてF-35Cへの核爆弾搭載を答申していたことが22日までに明らかとなった。

今回、CSISが行った答申は、は現在、開発が進められている次世代の「
B61-12」精密誘導型熱核爆弾の搭載に関わるもので、B61-12は2020年までに製造が完了することが予定されている。

ニジェール大統領と会見 天皇陛下
2015年6月19日-西日本新聞

ニジェール共和国イスフ大統領来訪!!
2015年6月20日-日体大相撲部 マネージャー部屋

|

« 6月23日:ネット巡回+1 | トップページ | 6月27日:ネット巡回+2 »

首相動静」カテゴリの記事