« 【wiki拾い読み】堀紘一 ver1.1 | トップページ | 【国家御意見番】"多数決"という集団主義の問題【2015年5月17日】 »

2015年5月18日

【wiki拾い読み】斉藤斗志二

斉藤斗志二

斉藤斗志二(さいとう としつぐ、1944年12月27日 - )は、日本の政治家。
衆議院議員(7期)、第65代・66代防衛庁長官を歴任。
……
「東海の暴れん坊」と称された
大昭和製紙の2代目社長・斉藤了英の次男として生まれた。静岡県富士市出身。

麹町中学校・武蔵高等学校を経て、1968年(昭和43年)に上智大学経済学部を卒業。1969年(昭和44年)早稲田大学理工学部研修終了。1972年(昭和47年)ワシントン大学でMBAを取得。

1984年(昭和59年)には第33代日本青年会議所会頭に就任した。同会頭就任時には第2次中曽根内閣の臨時教育審議会委員を務め、現行の小学校6年生を中学校1年生とし、早熟な今時の子どもの発育状況に合わせ、中学校の在学期間を延長し中等教育を充実させることを目的とした学制改革案5・4制を提唱した。現在も5・4制は主張し続けている。また、このころよりロシア外交に興味を持ち、両国の友情を描いたアニメーション映画『幕末のスパシーボ』の自費制作や渡航を頻繁に行っている。
……
議員在任中の
1989年(平成元年)大昭和製紙取締役副社長に就任
……
親族
祖父は
大昭和製紙の創業者斉藤知一郎、義父は元厚生大臣の増岡博之、叔父は元静岡県知事・元建設大臣の斉藤滋与史である。尚、齊藤滋与史夫人の和歌子はトヨタ自動車名誉会長豊田章一郎の実妹にあたる。また、元大昭和製紙社長の斉藤喜久蔵も叔父であり、大昭和製紙の監査役を務めた斉藤知三郎ジーク証券元会長の斉藤四方司は弟。

斉藤斗志二は増岡博之の長女と結婚しているが、増岡の次女は三菱鉛筆社長の数原英一郎と結婚しているので、斉藤斗志二と数原英一郎は義兄弟の関係にあたる。

0518a

|

« 【wiki拾い読み】堀紘一 ver1.1 | トップページ | 【国家御意見番】"多数決"という集団主義の問題【2015年5月17日】 »

wiki拾い読み」カテゴリの記事