« 5月5日:オリンパス事件から遡るとか | トップページ | 5月6日:世界遺産とか+ »

2015年5月 6日

マイカル ver1.4

(株)マイカル
1947年4月26日-設立
1996年-(株)ニチイから(株)マイカルに商号変更
2001年2月26日-大阪市中央区淡路町2-2-9 (株)マイカルファイナンスを合併
2001年9月18日-東京地方裁判所の再生手続開始(民事再生)
2001年12月31日-東京地方裁判所の更生手続開始(会社更生)
2002年3月28日-(株)マイカルシステムズを富士ソフトABC(株)(現 富士ソフト)に売却(現 ヴィンクス)
2002年5月21日-(株)エルメを公開買付けにより(株)イビサへ株式譲渡
2002年6月1日-大阪市中央区淡路町2-2-9から
大阪市中央区久太郎町3-1-30に移転
2003年9月30日-東京地方裁判所の更生計画認可
2003年10月1日-会社目的に宝くじのうりさばきが追加される
2003年12月2日-次の会社を合併
大阪市中央区久太郎町3-1-30 (株)マイカル総合開発
大阪市中央区久太郎町3-1-30 (株)西部総合開発
大阪市中央区久太郎町3-1-30 (株)ハートリアルエステート
大阪市中央区久太郎町3-1-30 (株)マイカル協友
大阪市中央区久太郎町3-1-30 (株)コスモ二一
仙台市青葉区中央1-3-1 (株)ビブレ協友
東京都港区赤坂8-5-30 アメニティタンク(株)
茨城県猿島郡境町122番地 (株)マイカル東関東
2005年12月31日-東京地方裁判所の更生手続終結
2006年9月1日-次の会社を合併
京都市北区小山北上総町49-1 北大路都市開発(株)
大阪市中央区久太郎町3-1-30 (株)フロックス
2011年3月1日-千葉市美浜区中瀬1-5-1 イオンリテール(株)に合併解散

■役員抜粋

代表取締役社長
2001.3-2001.9.14解任
取締役
2001.3-2003.3
四方修 1982年-愛知県警察本部長
1984年-大阪府警察本部長
1986年-関西電力(株)常勤顧問
1987年-関西国際空港(株)常務取締役
1990年-同社 専務取締役
1993年-(株)ニチイ 顧問
1993年-(株)ジャパンメンテナンス 代表取締役社長
2001年-(株)ジャパンメンテナンス 相談役
2003年-(株)一富士債権回収 代表取締役社長
2005年7月-(有)四方再生ファンド 取締役
2006年4月-(有)四方事業ファンド 取締役
2006年7月-(株)四方事業ファンド 代表取締役
2006年10月-(株)四方再生ファンド 代表取締役
2008年-同社 取締役会長
2009年7月-(株)都市再生アドバイス 代表取締役
※現(株)四方アセット
ほか
(株)日建 取締役会長(-2012.4)
(NPO)日本障害者競技支援協会 理事長
(財)ライフスポーツ振興財団 理事
(NPO)大阪ワッソ文化交流協会 監事

■(NPO)日本障害者競技支援協会
監事:室井久磨→(株)セキド監査役
代表取締役社長
2001.9.14-2001.9.28
山下幸三 1978年3月-(株)ニチイ 入社
管理部長、経理部長、経理財務本部長、経営改革本部長等歴任
2003年10月-(株)大阪計画 代表取締役副社長
2008年2月-(株)ウィーヴォ・リーテイル・マネージメント 代表取締役
※現(株)ジャパン・インベストメント・マネジメント
代表取締役
2003.9.30-2008.5
岡田元也 イオン(株)名誉会長相談役
(公財)イオン環境財団 代表理事・理事長
代表取締役社長
2003.9.30-2004.5
取締役
2003.9.30-2005.5
榎本惠一
榎本恵一
ジャスコ(株)専務取締役/監査役
元 チェルト(株)代表取締役
ご近所シリーズ04
取締役
1999.5-2001.9.19
菅原敏行 1987年2月-(株)第一勧業銀行 金沢支店長
1992年4月-同行 六本木支店長→新六本木ビル
1997年6月-ニツセキハウス工業(株)代表取締役
1998年3月-ニツセキ開発(株)取締役
2006年5月-日本土地建物販売(株)監査役
2007年6月-
守随ビルディング(株)代表取締役(-2010.5)
監査役
2003.9.30-2006.5
上田裕康 弁護士(弁護士法人大江橋法律事務所)
リーマン・ブラザーズ・ホールディングス(株)代表清算人
監査役
2003.9.30-2008.5
谷内寿照 1973年12月-ジャスコ(株)入社
1990年5月-同社 取締役
1995年5月-同社 常務取締役
1997年5月-(株)ダイヤモンドシティ 監査役
2001年3月-イオン(株)常務取締役グループ会社統括担当
2003年5月-同社 常務執行役内部監査担当
2004年5月-チェルト(株)監査役
2005年5月-イオン(株)特別顧問
2005年5月-イオンクレジットサービス(株)常勤監査役
2006年5月-(株)CFSコーポレーション 監査役
2006年5月-イオン(株)顧問
2009年11月-グローウェルホールディングス(株)監査役
監査役
2006.5-2009.8
監督委員
保全管理人
管財人
瀬戸英雄 1997年12月-更生会社(株)ヤオハンジャパン 管財人代理
2001年12月-更生会社(株)マイカル 管財人
ほか
(株)ヒューザー 破産管財人
(株)ジャスティホーム 破産管財人
大和生命保険(株)管財人
(株)SFCG 破産管財人

マイカル経営破たんの影響:新経営陣=山下幸三新社長
日本食糧新聞-2001年9月19日

(株)マイカルは、14日開催の臨時取締役会で山下幸三取締役の社長昇格と建設省出身の篠田伸生常務の代表権のある副社長昇格のトップ人事を決定した。四方修社長は解任され取締役に退き、第一勧業銀行出身の菅原敏行常務も取締役に降格となった。また、塩田良平、並河正樹の両取締役の専務昇格も決定した。

山下幸三社長→同月(2001年9月28日)辞任

マイカルの山下社長が辞任、後任に浦野氏
読売新聞

民事再生法下で経営再建中の大手スーパー、マイカルは、27日深夜から28日早朝にかけて開いた臨時取締役会で、山下幸三社長が辞任し、28日付けで浦野一雄取締役が後任に就くことを柱とした新しい役員人事を決めた。山下社長は、マイカルの経営破たん前から提携交渉の担当者だったことから、再生法に基づく支援企業選定作業の透明性を確保するため、辞任することになった。取締役も退く。
マイカルは、民事再生法の適用申請を決めた14日の取締役会で、会社更生法による再建を主張した四方修前社長を解任して山下社長が就任した。
わずか2週間で経営トップが再び交代する異例の事態となった。
山下氏は、28日午前に東京証券取引所で記者会見し、辞任の理由について「資金面の調達ができたことと、支援企業選びで公明正大さを示すために、けじめをつけることにした」と述べた。
社長人事以外では、篠田伸生副社長が取締役に降格し、後任の副社長は空席とした。塩田良平専務や小林盾夫常務、
四方取締役(前社長)らは引き続き現職を務める
山下氏の辞任には、再生法下での再建の手続きを監視する監督委員である瀬戸英雄弁護士と東京地裁の強い意向が働いた。瀬戸弁護士らは、山下氏が世界最大の小売業、ウォルマート・ストアーズとの提携交渉を破たん前から進めていたことから、今後の支援企業の選定作業に透明性が欠けるとの批判を招きかねないと懸念していた。
また、山下氏は管理・経理畑が長く、破たんの原因となった巨額投資のための社債の大量発行を進めた責任者だったため、社長就任を疑問視する声も多かった。さらにマイカルは、民間金融機関から運転資金として100億円を調達でき、当面の資金繰りに一定のめどが立ったことから、辞任が決まった。
山下氏の辞任で、支援企業の選定作業が進めやすい環境が整うほか、主力取引銀行の第一勧業銀行ら金融機関との関係修復が進むことが期待される。

浦野 一雄氏(うらの・かずお) 68年大阪府大農卒、ニチイ(現マイカル)入社。2001年5月から取締役。奈良県出身。55歳。

【巨額損失の怪】オリンパス1000億円の損失計上(ichigen-sanのブログ)

マイカル証券化は、「決算操作の錬金術師」といわれた山下幸三マイカル経理部長と組んだクレディ・スイス・ファイナンシャル・プロダクツ(CSFP)が進めた。野村大阪の事業法人出身の高田裕之小瀬良一、野村アメリカ出身の出口俊司の3人が担当だった。しかし“飛ばし”請け負いでCSFPは金融監督庁(現金融庁)から銀行免許停止処分を受け、彼らはアルティマ・ラボラトリーという会社をパリバ社内に作って証券化を続行。

※AMRAR=エイエムリサーチアンドリポー卜(株)

|

« 5月5日:オリンパス事件から遡るとか | トップページ | 5月6日:世界遺産とか+ »

企業データ」カテゴリの記事