« 安倍首相に献金、別の2社も=補助金交付企業-総額220万円に | トップページ | ロト6:第945/946回:沖縄、北海道、TSUTAYA、TSUTAYA、TSUTAYA »

2015年3月 5日

【東京国税局】不動産会社200億円所得隠し=負債処理めぐり、数十億円追徴

不動産会社200億円所得隠し=負債処理めぐり、数十億円追徴-東京国税局
2015年3月5日 00:22 時事通信

パチンコ機器の製造やゴルフ会員権販売などを手掛ける「コスモ・イーシー」の関係会社で、不動産賃貸業「インターナショナルイーシー」(東京都文京区)が東京国税局の税務調査を受け、2011年5月期の1年間で約200億円の所得隠しを指摘されたことが4日、分かった。
 バブル崩壊以降にインター社が保有していた多額の負債の処理をめぐり、国税局は課税を逃れるための悪質な仮装・隠蔽(いんぺい)があったと判断したもようだ。
 同社は既に修正申告した。法人税の追徴税額は重加算税を含め数十億円。ただ、同社は昨年12月に東京地裁で破産開始決定を受けており、大部分は納付されていないとみられる。
 民間信用調査会社によると、インター社は1984年に現コスモ社社長が設立。バブル期などに米国のゴルフ場を買収したり、不動産を購入したりする資金として多額の借り入れを行った。
 98年時点で、国内の銀行などに計200億円超の借入金があった。近年の営業は所有ビルの賃貸などだけで、最近は実質的な活動を停止。破産開始決定時の負債は約485億円という。
 インター社の担当者は「コメントできない」と話した。

実業家のグループ数社が230億円所得隠し 国税局指摘
2015年3月5日 08:23 朝日新聞

インター社によると、同社は1984年設立のコスモ・ワールドが前身。コスモ社の子会社が90年に、米国カリフォルニア州の名門ゴルフ場・ペブルビーチの経営会社を約1200億円で買収した。しかし、その会員権を販売しようとして失敗し、約800億円で売却を余儀なくされた。約400億円の負債を抱え、ここ数年は休業状態だったという。

 関係者によると、約400億円のうち、
約200億円の債権をインター社に対して持っていた大手銀行は05年ごろ、熊取谷氏の知人の会社にこの債権を約20億円で譲渡。さらに11年ごろ、この債権は知人の会社から別の米国の会社に約20億円で譲渡されたという。

 ところが、国税局がこの米国の会社を詳しく調べたところ、
この会社は経営実態のないペーパー会社で、熊取谷氏側が知人に代表者になるよう依頼して設立されていたことがわかった。国税局は、この会社が事実上、インター社の支配下にあると認定。「インター社が自らの債権を買い戻した形となり、債務はなくなった」と判断し、その分を利益として計上していないと指摘したとみられる。

■考察

インターナショナルイーシー破産開始決定

【ハココネ】コスモ・イーシーと宝くじ人脈

ココタイラビル

|

« 安倍首相に献金、別の2社も=補助金交付企業-総額220万円に | トップページ | ロト6:第945/946回:沖縄、北海道、TSUTAYA、TSUTAYA、TSUTAYA »

ニュース抜粋」カテゴリの記事