« エコノミスト1月号の表紙とインドとドリルシップ「ちきゅう」 ver1.2 | トップページ | 2月2日:ヘリオス(太陽神)とか »

2015年2月 1日

裏の「きさらぎ」と表の「太陽」 ver1.2

きさらぎ

※「天使ミカエルとミカエルの仲間達」さんの記事よりインスピレーション

2月〜wiki

欧米での呼び名であるFebruaryはローマ神話のフェブルウス (Februus) をまつる祭りから取ったと言われている。

フェブルウス〜wiki

フェブルウス (Februus) は、ローマ神話に登場する神。

古代ローマにおいて、毎年2月に執り行われた慰霊祭フェブルアーリア (Februaria) の主神で、2月を意味するラテン語のFebruarius、英語のFebruaryなどの語源となった。

このフェブルアーリアは、王政ローマ二代目の王ヌマ・ポンピリウスが、サビニ戦争の戦死者を慰霊し、戦争の罪を清める為にはじめたものだという。


死者の魂と密接な関係にある事から、後にプルートーと同一視される

プルートー〜wiki

プルートーは、ローマ神話における冥界を司る神。ギリシア神話のハーデースがローマ神話に取り入れられたものである。日本語では長母音記号を省略し、プルト、プルート、プルトーなどともいう。

この名はギリシア語のプルートーン(「富める者」の意)が転訛したもので、
ハーデースの呼称の一つだった。これをラテン語に訳したディース・パテル(ディス・パテル、Dis Pater)という名でも知られる。

本来はギリシア神話の神であるため、神話はほとんどがハーデースのものである。後に死の国の魔神オルクスや慰霊の神フェブルウスと同一視された。

ハーデース〜wiki

ハーデースは、ギリシア神話の冥府の神。例外的に一部の神話ではオリュンポス十二神の1柱としても伝えられてもいる。日本語では長母音を省略してハデス、あるいはハーデスなどとも呼ばれる。クロノスとレアーの子で、ポセイドーンとゼウスの兄である。妻はペルセポネー。その象徴は豊穣の角及び水仙、糸杉。ポセイドーンと同じく馬とも関連がある。

オリュンポス内でもゼウス、ポセイドーンに次ぐ実力を持つ。後に冥府が地下にあるとされるようになったことから、
地下の神ともされる

日宝販などの会社遷移図(pdf)

0201b

日宝販(=クロノス)の子、日本ハーデス。分身はプルトン(=宝成不動産

新六本木ビルの所有権→みずほ銀行六本木支店の土地登記参照

再び、「きさらぎ」
きさらぎといえば
きさらぎ監査法人日月館麹町弁護士法人杉井法律事務所

■きさらぎ監査法人のクライアント抜粋(H25年の有報ベース)
富士急行(株)
岳南鉄道(株)
(株)東京會舘
※富国生命保険の会計監査人→きさらぎ監査法人
閨閥:小林家(富国生命)参照→表舞台裏舞台〜福本邦雄回顧録

女性皇族の花婿候補 幼少期に旧華族などからリストアップ

■きさらぎ監査法人代表社員:佐野允夫
日本無線(株)補欠監査役
日本無線(株)本社事務所→藤澤ビルディング
→(株)不二ビルディング→資料A〜プラネットホールディングス参照
これにぎょうせい繋がりで→シンワアートオークションとサーラコーポレーション

きさらぎ監査法人ヒューリック平河町ビル→(株)ジェイ・ピー・システムズ→キーワード「たいよう」

表側の「太陽」へリンク。

日月館麹町→日=表、月=裏

【JP】太陽コネクション

|

« エコノミスト1月号の表紙とインドとドリルシップ「ちきゅう」 ver1.2 | トップページ | 2月2日:ヘリオス(太陽神)とか »

ハーデス・グループ」カテゴリの記事