« バチカンの秘密〜見えざる世界帝国の真実【赤間剛】 | トップページ | 二階氏「3千人訪中」は5月22日軸 »

2015年2月25日

【ローマクラブ】ローマクラブとオリベッティ ver1.3

衝撃的な事が次の著書に書いてありました。

猶太(ユダヤ)国際秘密力

20pより

ヴァイスハウプトを、遠い昔の、日本と無縁な、いかがわしい人物と見誤ってはならない。 アウレリオ・ペッチェイ(現イタリー財界と国際的財界の超大物で、闇の中の世界権力”三百人委員会”の動かす最重要謀略機関の一つ、ローマクラブの創立者)は、ヴァイスハウプトの生まれかわり、などと称されているのだから。

転生ではなく、人がそう呼ぶ的な記載ですが、もちろん検証できません。
ヴァイスハウプト=ジョージ・ワシントン説というのも、あの都市伝説で有名な番組でやってましたね。
上記書籍は、創価学会とローマクラブをケチョンケチョンに書いているのも特徴です。

反原発の起源(加瀬龍太郎のブログ)

反原発運動の起源を遡ると、資源は有限だから人類の活動は制限されなければならないと言うルソーとアダム・ヴァイスハウプトの理論に辿り着く。
……
この流れで出てきたのが
アウレリオ・ペッチェイ『ローマクラブ』の『成長の限界』(メドウズ著)だ。

成長の限界―ローマ・クラブ「人類の危機」レポート

鳩山由紀夫はこれが政治を志すきっかけになったとはっきり言ってる。

「成長の限界」に学ぶ―A.ペッチェイ:21世紀への行動指針

このローマクラブの社会主義思想と反原発運動の連関を詳しく説明しているのが、ジョンコールマン博士の『300人委員会』だ。政治に興味があるならこの本の研究は欠かせない。

300人委員会―「世界人間牧場計画」の準備はととのった!!

アウレリオ・ペッチェイ〜wiki

アウレリオ・ペッチェイ(Aurelio Peccei、1908年7月4日 - 1984年3月14日)は、イタリアの経済学者、実業家。ローマクラブの創設者、初代会長として知られる。
……
大戦後、イタリアの自動車メーカーであるフィアットの再建に尽力した。1964年、請われてオリベッティ社の会長に就任した。

いずれにしても、最近日本の株式市場で裏にローマクラブの存在を感じる銘柄が増えてきたように思います。

米系投資ファンド、雪国まいたけに1株245円でTOB

【随時更新記事】錯綜する環境人脈

さて、オリベッティのwikiを見ると、また興味深い事実が判ります。

オリベッティ〜wiki

現在の主な生産品目は、以下の通り(Olivettiの公開しているページを基に記述)。
……
宝くじ販売店舗

0225b

|

« バチカンの秘密〜見えざる世界帝国の真実【赤間剛】 | トップページ | 二階氏「3千人訪中」は5月22日軸 »

ローマクラブ」カテゴリの記事