« MNビル ver1.2 | トップページ | 1月6日:昼 »

2015年1月 6日

旧日本軍の偽札用紙見つかる 民間巻き込んだ製造裏付け ver1.2

旧日本軍の偽札用紙見つかる 民間巻き込んだ製造裏付け
2015年1月6日 05時13分 朝日新聞

静岡市の製紙工場で、孫文などのすかしが入った特殊な用紙が見つかった。明治大学の研究者が確認し、旧陸軍登戸研究所の発注で中華民国の紙幣を偽造するために作った用紙と判断した。戦前に特殊兵器を開発していた同研究所では偽札も作っていたという証言があり、民間企業を巻き込んで偽札が製造されていた実態が浮かび上がった。

 明治大学平和教育登戸研究所資料館(川崎市多摩区)が昨年7月、「巴川(ともえがわ)製紙所」(本社・東京)の静岡市駿河区にある工場で確認。約30センチ四方279枚がつづられていた。

 資料館によると、用紙には中華民国建国の父・孫文の横顔のすかしがあり、絹の繊維がすき込まれていた。当時の中華民国で広く流通していた5円札の特徴だった。北京の歴史的建造物「天壇」のすかしが入った紙もつづられており、これも当時の別の5円札の特徴という。すかしの出来や絹の繊維の密度などを点検した形跡もあった。

 記されていた文字から、用紙は1940年8月~41年7月に作られたと資料館はみている。偽札作りの責任者だった将校は、戦後に出した本で「偽札作りは39年に始まり、40億円分作った」と記していた。

■考察
登戸研究所から考える戦争と平和

ザンメル印刷機関連

昭和通商

■(株)巴川製紙所

補欠監査役 立野晴朗 公認会計士(立野経営会計事務所)
イデア監査法人 代表社員
ユニバーサル監査法人 代表社員(2001.8-2007.7解散)
シグマ・ゲイン(株)監査役(2005.6-2008.2)
21世紀を拓く会(棚橋泰文議員)登録政治資金監査人

■シグマ・ゲイン(株)当時
港区六本木7-15-7 新六本木ビル
→港区西新橋1-7-1 虎ノ門セントラルビル
代表取締役社長(2005.6-2006.8):岩本信徹白山とシグマ・ゲイン参照
取締役(2006.8-2007.2):渡邊誠ご近所シリーズ03参照
取締役(2007.2-2010.7):長田雄次ご近所シリーズ01参照
監査役(2005.6-2010.11):土井充ストライダーズ参照
会計監査人
-H22
木下邦彦 新日本有限責任監査法人 静岡/浜松/豊橋事務所 元代表
シンワアートオークション(株)取締役
有明フロンティアビルB棟ぎょうせいビル
※ほかリンク先参照

シンワアートオークションとサーラコーポレーション
会計監査人
H23-
藤田和弘 新日本有限責任監査法人 静岡/浜松/豊橋事務所 元代表
■監査企業抜粋(H26年提出の有報ベース)
(株)サーラコーポレーション

■(株)巴川製紙所
東京都中央区京橋1-7-1 TODAビルディング

TODAビルディング→戸田建設(株)本社

野崎印刷紙業からのハココネ【重要】より

(公財)日本バレーボール協会
京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-8 ダヴィンチ千駄ケ谷

理事 小場貴之 公認会計士/税理士(銀座公認会計士共同事務所)

■銀座公認会計士共同事務所
中央区銀座4-2-15 塚本素山ビル 5F
監事 大西浩志 (株)ネットラーニングホールディングス 取締役副会長
戸田建設(株)専務執行役員
元 三菱銀行取締役

ネットラーニングホールディングス通産官僚とRFID〜その1

|

« MNビル ver1.2 | トップページ | 1月6日:昼 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事