« 【世界連邦運動】世界連邦運動で繋がる稲盛人脈 | トップページ | 【傑物シリーズ】"鹿児島県の裏ドン"和田久弁護士 »

2015年1月12日

【ルーツ探索】京セラと鹿児島県知事と宝くじ人脈

京セラ社是

「敬天愛人」:中村正直→西郷隆盛 ●敬天愛人の典拠

中村正直〜wiki

中村正直(なかむら まさなお、1832年6月24日〈天保3年5月26日〉 - 1891年〈明治24年〉6月7日)は、日本の武士・幕臣、啓蒙思想家。東京女子師範学校校長、東京帝国大学教授。同人社創立者。興亜会会員。また福澤諭吉、森有礼、西周らと<明六社>を結成。

稲盛和夫〜wiki

稲盛和夫(いなもり かずお、1932年1月21日- )は、日本の実業家。京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。公益財団法人 稲盛財団理事長。日本航空名誉会長。

人物・来歴
1932年
鹿児島県鹿児島市薬師町に7人兄弟の二男として生まれる。父畩市は「稲盛調進堂」という名で印刷工場を経営していた。西田尋常高等小学校(現在の鹿児島市立西田小学校)、鹿児島中学(現在の鹿児島高等学校)を卒業する。銀行就職を考えたが、周囲の勧めで鹿児島高等学校第三部(旧・県立高等女学校、現・鹿児島県立鶴丸高等学校)へ進学、その後鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校に転校し同校の第一期生として、卒業する。高校時代は空襲で生活苦に陥った家計を助けるため、紙袋の行商をして生活費を稼いだ。菓子の問屋と親しくなったことで、卸のノウハウを学ぶ。後にこの体験がその後の事業の原点になったと語っている。幼少時の結核の体験から大阪大学医学部を志望していたが、当時新設大学であった鹿児島県立大学(現鹿児島大学)の工学部応用化学科で、有機化学を専攻し、勉学に明け暮れる。1955年鹿児島県立大学工学部を卒業後、有機化学の教授の紹介でがいしメーカーの松風(しょうふう)工業に入社、1958年退社する。

伊藤祐一郎〜wiki

伊藤祐一郎(いとう ゆういちろう、1947年11月17日 - )は、日本の官僚、政治家。鹿児島県知事。総務省大臣官房総括審議官を歴任。

人物概要
銀行員である父親の仕事の関係により阿久根市・鹿児島市などで育つ。
ラ・サール高等学校を経て、東京大学法学部卒業。
最後の総理府地方分権推進委員会事務局次長であり、省庁再編後には
初代の総務省大臣官房審議官をつとめた。後に民主党代表を務めた小沢一郎が自治大臣の際には大臣秘書官も務めている

どうして、宝くじ関連公益法人の事業仕分けで伊藤知事が出てきたのか?


★(公財)鹿児島県文化振興財団
鹿児島市山下町5-3 宝山ホール(鹿児島県文化センター)内

会長:伊藤祐一郎 / 理事長:稲盛和夫

■総務省人事 ※2001年1月6日付

総務事務次官 嶋津昭 初代総務事務次官
(株)日本宝くじシステム 代表取締役社長
(一財)道路交通情報通信システムセンター 監事
大臣官房審議官
(地方行政・地方公務員制度担当)
併任
(地方分権推進委員会事務局次長)
伊藤祐一郎 鹿児島県知事

九州新幹線で鹿児島県知事「みずほ」に不満 熊本発着を想起?

|

« 【世界連邦運動】世界連邦運動で繋がる稲盛人脈 | トップページ | 【傑物シリーズ】"鹿児島県の裏ドン"和田久弁護士 »

人脈・コネクション」カテゴリの記事