« 【みずほFG】みずほ銀行詐欺被害者の会・第一回公判【12月5日】 | トップページ | 12月5日:田中角栄人脈と白山と塚本素山ビルとか »

2014年12月 5日

【wiki拾い読み】木村太郎 (政治家) ver1.1

木村太郎 (政治家)

木村太郎(きむら たろう、1965年7月20日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(6期)、内閣総理大臣補佐官(第2次安倍内閣)。防衛庁副長官(第3次小泉改造内閣)、農林水産大臣政務官(第1次小泉再改造内閣・第2次小泉内閣)、防衛庁長官政務官(第1次小泉内閣)、衆議院安全保障委員長、青森県議会議員(2期)等を務めた。青森県知事や衆議院議員を務めた木村守男は父。元衆議院議員の木村文男は祖父。

来歴
青森県
南津軽郡藤崎町生まれ。青森県立弘前南高等学校、東洋大学法学部卒業。大学在学中は田中角栄邸に住み込み、田中家の書生であった。大学卒業後、三塚博衆議院議員の秘書を経て、1991年に青森県議会議員選挙に出馬し、初当選。1995年に再選。
1996年、青森県議を辞職し、第41回衆議院議員総選挙新進党公認で青森4区から出馬。自由民主党公認の津島恭一を破り、初当選した。1997年の新進党解党に伴い、改革クラブ(小沢辰男代表)結党に参加したが、同党の解党を待たずして自民党に入党

改革クラブ (1998-2002)

改革クラブ(かいかくクラブ)は、かつて存在した日本の政党。

概要
1997年12月31日、新進党が分党した際、小沢一郎の党運営に反発していた若手議員を中心に、ベテラン議員の
小沢辰男を代表として結成(新進党を分党したため、法的には1998年1月1日に発足)。1998年1月5日に届出、1998年1月12日に結党大会が開かれた。

小沢辰男

小沢辰男(小澤辰男、おざわ たつお、1916年〈大正5年〉12月7日 - 2013年〈平成25年〉10月13日)は、日本の政治家。
衆議院議員(13期)、建設大臣(第36代)、環境庁長官(第6代)、厚生大臣(第56代)、改革クラブ代表などを歴任した。父は衆議院議員の小沢国治。
……

自民党田中派の大幹部として木曜クラブ事務総長などを務める田中角栄の金庫番とも言われ、田中の最側近の一人であった。田中派には同姓の小沢一郎がいたため、2人を区別するため、小沢辰男は「本家小沢」などとも呼ばれた。田中派内では田中直系として田中の意の下に終始行動し、角栄も竹下登と後見役の金丸信を抑えるため自民党幹事長に小沢を送り込もうとしたが、これは果たせなかった。田中派分裂に際しては、竹下派、二階堂グループ双方に参加せず、無派閥となる

|

« 【みずほFG】みずほ銀行詐欺被害者の会・第一回公判【12月5日】 | トップページ | 12月5日:田中角栄人脈と白山と塚本素山ビルとか »

wiki拾い読み」カテゴリの記事