« 【第47回衆院選】神道政治連盟応援議員【2014年11月20日】 ver2.9 | トップページ | 昭栄駿河台ビル ver1.1 »

2014年12月12日

【wiki拾い読み】熊谷太三郎【熊谷組】 ver1.1

熊谷太三郎

熊谷太三郎(くまがい たさぶろう、1906年11月3日 - 1992年1月15日)は、熊谷組の二代目社長、自民党の参議院議員として原発を建設してきた。

来歴・人物
建設業を営む
熊谷三太郎の二男として福井市豊島上町に生まれた。福井中学校、一高を経て、京都帝国大学経済学部に入学し1930年に卒業。

その後、家業の建設業に従事していたが、1933年4月、
飛島組(現在の飛島建設)社長の後援により福井市会議員選挙に当選、まもなく市会議長となり、飛島組の取締役になる。

1938年1月、
飛島組から独立し、株式会社熊谷組が創設され、父の三太郎が社長で、太三郎は副社長となった。1945年10月、市議会の選出によって福井市名誉職市長となった。1947年に公選となり、改めて市長に当選。

二代目社長を経て会長となった熊谷は1962年7月、福井を地盤に自民党の参議院議員となり、科学技術庁長官と原子力委員会の委員を勤め、
一兆円事業である高速増殖炉もんじゅの建設を猛烈に推進。福井の若狭湾沿岸を原発銀座と呼ばれる地帯に一変させ、原発建設により一躍、熊谷組は北陸の中小ゼネコンから日本の準大手ゼネコンとなった。熊谷は北陸で群を抜く長者番付一位に君臨するようになった

■(公財)熊谷科学技術振興財団
東京都新宿区揚場町2-12 セントラルコーポラス 604

理事長 熊谷太一郎 (株)熊谷組 社友
(一社)日本建設業連合会 相談役
監事 尾澤輝行 税理士(税理士法人尾澤会計事務所 代表)
(公財)タカタ財団 監事

■(公財)タカタ財団
監事:佐藤正典:(株)一柳アソシエイツ 顧問

|

« 【第47回衆院選】神道政治連盟応援議員【2014年11月20日】 ver2.9 | トップページ | 昭栄駿河台ビル ver1.1 »

wiki拾い読み」カテゴリの記事