« グラファイトデザイン ver1.3 | トップページ | 【第47回衆院選】神道政治連盟応援議員【2014年11月20日】 ver2.9 »

2014年12月12日

12月12日:朝+

■考察
今回の選挙がCSISの意向ならば、日本経済新聞が誘導する方向がCSISの意向に近いのではないだろうか?

【要確認事項】選挙前の整理

【興深ネット】「衆院電撃解散」への流れを決めた「富士山会合」

日経・CSISバーチャル・シンクタンク

■考察
パシフィックフォーラム CSIS半田晴久理事が代表を務めるワールドメイトから献金をいちばん受けているのは、生活の党など小沢一郎議員に近い議員である。

【政治団体】2014年定期公表分の調査リスト

【CSIS】CSIS演出によるマッチポンプの民主・自民政権交代劇

【CSIS】CSISと小沢一郎議員

■考察
イエズス会とCSIS

【世界連邦運動】バチカンと世界連邦運動と三極委員会

【イエズス会】山口県とイエズス会日本管区

【宗教】バチカン2と立正佼成会と統一教会とか

■考察
知られざる「ゼネコン妻」和子夫人の正体 解剖 小沢一郎 第2弾
2010年2月5日 現代ビジネス〔取材・文 松田賢弥〕

小沢と和子の仲を取り持ったのは角栄である。だが、当時の小沢には、別に親密な女性がいた。東京・赤坂にあった老舗料亭「満ん賀ん」の若女将・N子さんで ある。背が高く細身の彼女は、店の信頼も厚く帳場を任せられていた。そして勝ち気だった。角栄が贔屓(ひいき)にしたこの料亭は、政治の舞台でもあり、小沢が店に通い詰めたのも自然の成り行きであった。

■つぶやき
赤坂「満ん賀ん」とコスモ・イーシー

コスモ・イーシーのホームページを見たら、本社が銀座武蔵野ビルからココタイラビルに戻ってた。移転登記はまだみたい。

|

« グラファイトデザイン ver1.3 | トップページ | 【第47回衆院選】神道政治連盟応援議員【2014年11月20日】 ver2.9 »

つぶやき」カテゴリの記事