« テクノ・ラボ ver1.9 | トップページ | 【随時更新記事】錯綜する環境人脈 ver2.2 »

2014年10月31日

10月31日:YANSHAN OIL LIMITEDとか+5

■YANSHAN OIL LIMITED
Incorporation Date:2014年2月13日
8 STANDARD ROAD,LONDON,UNITED KINGDOM

Director:Makoto Hoshikawa

■RODINIA UNIVERSE LIMITED
Incorporation Date:2012年4月30日
Dissolution Date:2013年10月10日
Incorporation Date:2014年7月4日
8 STANDARD ROAD,LONDON,UNITED KINGDOM

Director:Kazunori Okato

■KYOKUTO TRADING LIMITED
Incorporation Date:2014年4月11日
8 STANDARD ROAD,LONDON,UNITED KINGDOM

Director:Tomokazu Makino

■U-MEDIA AGENCY LIMITED
Incorporation Date:2012年4月18日
Dissolution Date:2013年11月26日
8 STANDARD ROAD,LONDON,UNITED KINGDOM

Director:Shinsaku Kanazawa

テクノ・ラボ(株)監査役:星川誠
■(一社)全国発電事業推進機構 総裁:岡登和得
■(株)RODINIA 監査役:金澤伸作

※C&R BUSINESS CONSULTING LIMITED
7/11 MINERVA ROAD,PARK ROYAL,LONDON

平河町アーバンビル 5FのメンバーがUKでもハココネ。

■NELETビルディング 3F

Nelete

■(一社)全国発電事業推進機構 ニュース 2014年4月

SINOPEC北京燕山から新世代バイオ燃料の供給開始のお知らせ
中国石化北京燕山分公司 【SINOPEC BEIJING
YANSHAN COMPANY】
(北京市房山区燕山岗南路1号 董事長 羅強)は、発電用ディーゼルエンジン専用の新世代バイオ燃料を7月より日本への供給を開始します。
この新世代バイオ燃料は、日本企業と技術提携しているSINOPEC傘下の精油加工企業が開発した燃料で、非食用の綿実油、遺伝子組み換え大豆油、文冠果油を原料油脂として合成精油された植物油100%のバイオマス燃料です。
精製は、原料油脂をメチルエステル化してグリセリンを除去して脂肪酸メチルエステル(FAME)を精製する既存の技術とは異なり、SINOPEC独自の石油精製における水素化処理技術を応用して分解し、合わせて雑物を除去して作る水素化処理油(Bio Hydro fined Diesel、略称:BHD)を更に進化させた精製技術による製法です。
2014年1月:日本での燃料供給取引は、一般社団法人全国発電事業推進機構(千代田区平河町2-4-8平河町アーバンビル5階 代表理事吉川房雄 略称:NELET)が基金にて取引の債務保証をして会員企業向けに20年間の固定価格にて供給される取引形態を確立させました。
現時点では、月間80,000MTまで供給可能でありますが、中国・上海保税区内の精油プラントが2020年に稼働する事で、月間300,000MTの供給体制となります。
発電量1,000kW/hにつき150MTの消費量でありますから、2,000,000kW/hの電力供給を見込める事となり、NELETでは全国会員企業にこの供給量に見合うバイオマスディーゼル発電所の建設を推進しています。

|

« テクノ・ラボ ver1.9 | トップページ | 【随時更新記事】錯綜する環境人脈 ver2.2 »

つぶやき」カテゴリの記事