« 米国ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が「アメリカの世紀は終わったのか?」と題して講演 | トップページ | 10月30日:昼 »

2014年10月30日

【証券取引等監視委員会】石山ゲートウェイHD、粉飾決算疑いで強制調査

石山ゲートウェイHD、粉飾決算疑いで強制調査
2014年10月30日(木) 12時14分 TBS News i

ジャスダック上場の精密機器メーカー『石山ゲートウェイホールディングス』が決算を粉飾した疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が関係先の強制調査に乗り出しました。

 金融商品取引法違反の疑いで監視委員会の強制調査を受けたのは、東京・港区にある『石山ゲートウェイホールディングス』と、取引先の複数の会社など数か所です。

 『石山ゲートウェイ』は、2001年の株式上場以降、業績の低迷が続いていましたが、ディーゼル発電やエネルギー環境などの新規事業に乗り出し、2013年6月期には「8年ぶりに黒字化した」と発表していました。

 関係者によりますと、『石山ゲートウェイ』と電事業に関する複数の取引先との間に不自然な取引があり、決算を粉飾していた疑いがあるということで、監視委員会は今後、押収した資料の分析などを進め、経営の実態解明を進める方針です。(30日11:18)

石山ゲートウェイの株式売買を午後零時31分から一時停止=東証
2014年10月30日 13:01 ロイター

[東京 30日 ロイター] - 東証は30日、石山Gateway Holdings の株式売買を午後零時時31分から一時停止したと発表した。強制捜査に関する報道の真偽等の確認のためとしている。

|

« 米国ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が「アメリカの世紀は終わったのか?」と題して講演 | トップページ | 10月30日:昼 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事