« ロナウジーニョ・ガウーショ・インスティテュート ver1.4 | トップページ | 【証券取引等監視委員会】石山ゲートウェイHD、粉飾決算疑いで強制調査 »

2014年10月30日

米国ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が「アメリカの世紀は終わったのか?」と題して講演

米国ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が「アメリカの世紀は終わったのか?」と題して講演
2014年10月29日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

東京国際大学(倉田信靖 理事長・総長=埼玉県川越市的場北1-13-1)が10月28日午後1時半から東京都千代田区丸の内1丁目1-1の「パレスホテル東京」2階「橘」で、東京国際大学とハーバード大学アジアセンター共催で「国家安全シンポジウム~安全保障を考える」を開催した。司会は、東京国際大学副学長・国際関係学部の小室広佐子学部長。

金子泰藏〜wiki

金子泰藏(かねこ たいぞう、1904年(明治37年)10月23日 - 1987年(昭和62年)5月17日)は、日本の商学者、教育者、通訳者であり、東京国際大学の創立者である。
……
1904年10月23日、東京の浅草で生を受ける。旧制府立三中に進学し、卒業後、東京商科大学(現・一橋大学)に入学した。在学中に後の国連大使・
加瀬俊一と知り合い、同じ語学クラブとして英語を学ぶことになる。大学卒業後、東京商工会議所に就職し、外国課長として貿易業務を行いながら、新設されたばかりの上智大学にて教授として英語を教えていた。1941年太平洋戦争が開始されると、三菱、三井と共に軍事産業を行っていた日本鉱業の海外課長となり、海外調査の業務全般を行う。終戦後日鉱をやめ独立し、GHQの通訳者として採用された。ダグラス・マッカーサーは経済に対する命令書を次々に出し、その命令書を英文から和訳にし日米の橋渡しにと奔走した。1948年、GHQの専属通訳者を務めていた縁で、日本の戦時賠償を担当する賠償庁参与官に就任する。
……
関連項目
加瀬俊一(大学時代の友人、元本学常任理事
加瀬英明(外交評論家、東京国際大学特命教授、加瀬俊一の息子

|

« ロナウジーニョ・ガウーショ・インスティテュート ver1.4 | トップページ | 【証券取引等監視委員会】石山ゲートウェイHD、粉飾決算疑いで強制調査 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事