« 9月23日:ぐるなびとか | トップページ | 第三者委員会報告書各付け委員会 »

2014年9月23日

【興深ネット】どうしてトンデモ陰謀論は拡散するのか

どうしてトンデモ陰謀論は拡散するのか
2014/9/21 15:45 dot.

この夏、日本列島を震撼させたデング熱騒動ですが、TwitterやFacebook 等のSNSで、以下のような話を目にした方も多いのではないでしょうか?

"デング熱ワクチンを開発した製薬会社が、代々木公園に蚊を放った"

"実は、代々木公園を会場に開催予定の反原発デモを潰すための工作だ"

"去年は249人、今年は81人しか発症していないのに、今年になってからこんなにマスコミが騒ぐのは変。何かを隠匿するために、国民の目をデング熱に向けさせているのでは"

いわゆる陰謀論というやつです。

■考察
こういう記事の場合は、発信元の素性をプロファイリングするのが第一です。

陰謀論も状況証拠が集まれば、普通の仮定論となります。

デング熱の場合、この記事を書いた方は、次の情報はおそらく知らないでしょう。

エボラ出血熱、デング熱>ウィルスも蚊も飛行機に乗ってやってくる
2014.08.07 国際連帯税フォーラム

デング熱をネタに税金を導入しようとしているのが国際的な世界連邦運動ですが、タイミングが良すぎで疑われても仕方ありません。特にニュース発信開始の日付とか絶妙です。

そもそも国の基幹の防衛なんてものは、余所の国が攻めてくる、という陰謀論から成り立っているものです。

何事も可能な限り情報を収集してプロファイリングする必要があり、最終的には

「信じるか信じないかはあなた次第!」 なだけなのです。

|

« 9月23日:ぐるなびとか | トップページ | 第三者委員会報告書各付け委員会 »

興味深いネット記事」カテゴリの記事