« MY小郡ビル ver1.4 | トップページ | 【世界連邦運動】グローバル連帯税が世界を変える!【講演】 ver1.3 »

2014年9月 7日

9月7日:午前中++

■考察
なんだか、反安倍政権ということで世界連邦運動系に追い込まれている面白い現象が今年はネットで多く見受けられます。
反グローバル主張で世界連邦運動派閥に追い込まれてしまっては、間抜け極まりないことで、まさにフリーメイソンの常套手段である「分割して統治」の思う壺であります。

世界連邦運動で来年は戦後70周年で、また国会決議をやるのかどうか?

【世界連邦運動】世界連邦実現を日本の国是とする2005年国会決議参照

世界連邦運動という、古いやり方じゃなかなか事が進まないので、出来たのが三極委員会。

世界連邦運動と三極委員会参照

ハココネの人脈の繋がりを見ていると、利権まみれでどちらも口が裂けても立派とは言えません。

とりあえず、公営ギャンブル、パチンコ利権から全力で離脱した方々が、まだ立派と判断するくらいしかないでしょう。

そういえば、先日は日本の世界連邦運動の中心、京都府綾部市が豪雨で大変だったようですね。

■考察
日本会議といえば、生長の家。

証言 村上正邦/我、国に裏切られようとも〜その1参照

日本会議第2代会長→稲葉興作→(財)国民精神研修財団理事(現(一財)日本文化興隆財団

ハココネの観点ではヴェールヴァリエ北参道のハコモノ主がポイントになります。

そして、生長の家といえば、政治家がこの本を持っているかどうかですな。

平沼赳夫〜wikiより

新宗教・生長の家の聖典のひとつである、『生命の実相』を愛読書とする。「私は母から薦められた谷口雅春先生の『生命の実相』によって唯物思想から脱却した」と述べており、生長の家系列の過激派分派『谷口雅春先生を学ぶ会』の支持を受けた。

生命の実相―頭注版 (第1巻)

■考察
世界経済フォーラム
ヤング・グローバル・リーダーズ
2007年度
朝青龍明徳(横綱)
文仁親王妃紀子(皇族 秋篠宮妃)
藤沢久美(ソフィアバンク副代表)
藤田晋(サイバーエージェント代表取締役社長)
川田龍平(社会活動家)
北神圭朗(衆院議員)
松田公太(タリーズコーヒージャパン代表取締役社長)
中村泰信(NEC基礎研究所主任研究員)
西本智実(指揮者)
西山浩平(エレファントデザイン代表取締役)
小渕優子(衆院議員)
小川善美インデックス代表取締役社長)
岡島悦子(グロービスマネジメントバンク代表取締役)
高島宏平(オイシックス代表取締役社長)
津村啓介(衆院議員)

|

« MY小郡ビル ver1.4 | トップページ | 【世界連邦運動】グローバル連帯税が世界を変える!【講演】 ver1.3 »

つぶやき」カテゴリの記事