« 【企業人事】ドワンゴ | トップページ | CSIS(戦略国際問題研究所) ver2.0 »

2014年8月29日

【詐欺?】木曽路「しゃぶしゃぶ」偽装

木曽路「しゃぶしゃぶ」偽装――「松阪牛」と称して「安い肉」を提供したら詐欺罪か?
2014年08月29日 10時27分 弁護士ドットコム

「結論から言いますと、もし木曽路の発表どおり、料理長が意図的に食材偽装を行っていたのだとしたら、料理長に詐欺罪が成立する可能性があります。

ただ、
詐欺罪に法人を処罰する規定はありませんので、法人としての『木曽路』に詐欺罪は成立しません。処罰の対象となるのは、あくまで詐欺行為を行った個人や、それに手を貸した協力者です」

そもそも詐欺罪は、どんな場合に成立する犯罪なのだろうか?

詐欺罪は、相手をあざむくことで錯誤に陥らせ、その錯誤を利用して、相手に財物を交付させるという犯罪です」

錯誤とは、ざっくりいうと「誤解」のことだ。また、「財物を交付させる」ことには、「お金を支払わせる」ことも含まれる。

【取材協力弁護士】
冨本和男(とみもと・かずお)弁護士

事務所名:法律事務所あすか

|

« 【企業人事】ドワンゴ | トップページ | CSIS(戦略国際問題研究所) ver2.0 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事