« KISCO ver1.1 | トップページ | 世界連邦運動協会のビルにも白山 »

2014年7月12日

7月12日:オフィス雀部とか

1.11月12日の社会新報に麻生太郎を巡る闇(中)ホテルのバーは安いのか?が載っていましたので転載します。

最も支出額が多いのが、「オフイス・ササベ」で、2月2日=123万円、4月24日=147万円、12月27日=103万円、合計で373万円も出ている。

 「ササベ」は正確に「雀部」でカムフラージュだった。事務所は六本木5丁目のビル の2階にあった。入り口には「BOVARY」の看板があった。店員の女性は「ここはクラブではありません。会員制のサロンです。麻生さん?来たかどうか分 かりません」。1階の郵便受けを見てると。「BOVARY 有限会社オフィス雀部」とある。法人登記簿によると、代表者が雀部敏子氏で、銀座の高級クラブ「シュミネ」のママで首相とし「深い仲だった」(政界関係者)といわれる。

素淮会」の会計責任者の麻生逸雄氏にこの支出を質問してみると、「どんな店かって?何でいちいちあなたにそんなこと答えなければいけないの。こっちはね、法にのっとってやっているだけなんだから」と、ヒステリックな答えが返ってきた。

素淮会(麻生太郎議員)参照

素淮会の政治資金収支報告書を見ると、先のオバマ・シンゾー会談で一躍有名になった、会合があった日は、オフィス雀部=ボバリーでも

0712a

いかんせん、人数とか滞在時間がわからないので、比較にはならない。

いずれにしても、政界と塚本素山ビルぎょうせいビルとの関わりが興味深いところであり、その両方が本店登記住所だったのは、シンワアートオークション(株)と(株)シンワアートホールディングスである。

|

« KISCO ver1.1 | トップページ | 世界連邦運動協会のビルにも白山 »

つぶやき」カテゴリの記事