« 4月16日:武田教授とか++ | トップページ | 先端医療振興財団 ver1.2 »

2014年4月16日

STAP細胞論文共著者と株式市場を結ぶ点と線 ver1.2

STAP細胞論文共著者と株式市場を結ぶ点と線
2014年3月16日 植草一秀の『知られざる真実』

アベノミクスはすでに風前の灯であるが、米国を中心とする強欲資本主義の総本山は、「ワシントン・コンセンサス」に従って、日本市場の米国化=弱肉強食化=市場原理化を推進する活動を積極推進している。

「ワシントン・コンセンサス」とは、1989年に経済学者ジョン・ウィリアムソンが論文のなかで定式化した、経済用語である。
IMF、世銀、米財務省の本部はすべてワシントンに所在する。
これらの機関が共同して、米国の経済版世界戦略を企図し、実行していると見るものである。

■考察
STAP細胞の真偽についてどう考えるかは当ブログはノーコメントです。
擁護派は世界連邦運動派と思われる方々が多いなあ、と感じるくらい。

世界連邦運動派に近しい植草氏の記事からですが--
IMF、世銀、米財務省の本部はすべてワシントンに所在する。

日本のハココネでは--

富国生命ビル
23F-(独)理化学研究所 東京連絡事務所
23F-千代田化工建設(株)東京オフィス→小保方一夫(小保方さんの父上)が顧問(元取締役)
21F-国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所
10F-世界銀行 東京事務所

ライカビルの流れを汲むと思われる富国生命ビルに全員集合!

理研の再生科学といえば、先に--

【IR】新日本科学参照

田村厚労相、iPS臨床を正式承認=理研、患者の選定法公表へ参照

|

« 4月16日:武田教授とか++ | トップページ | 先端医療振興財団 ver1.2 »

興味深いネット記事」カテゴリの記事