« クレール平河町 ver1.9 | トップページ | 4月16日:武田教授とか++ »

2014年4月16日

ロシア企業、オフショアより本国へ帰還 ver1.4

ロシア企業、オフショアより本国へ帰還
2014年4月15日 ロシアの声

「資本の国外流出によって税収が下がる。損失は、一部データでは、年間500億ドルにもなる。それもこれも、税金がオフショアで、低率で支払われるからだ。ロシアに対しては、彼らは支払わないのだ」

内閣はすでに一部政令を公布している。企業は何も、オフショアでの経営を禁止されるわけではない。しかし、ロシアを現場にもち、しかし登記は外国で行っている企業の課税システムは、それら企業が法的に本国に「帰還」した方が得になるようなものとなる。それから、オフショア企業は融資や注文など、国家からの支援を受けられなくなる

■考察
オフショア節税の穴を塞いでから、法人減税すべきじゃないでしょうかね。
amazonとか年間いくら日本に税金を落としてるのでしょうか?

法制会の面子次第では、自分たちだけが使える抜け道ができるように法律自体作れますから、一般的に言われる「法の抜け穴」とか計画通りだったりするのではないでしょうか?

▼在日米国商工会議所(ACCJ)理事@メソニック39MTビル

Amazon


「グローバル企業栄えて、国滅ぶ」

まさに計画どおり。

この日の予算委員会の国会議事録が見当たりません。
他の委員会はあるようですが?
まだ編集中?

オンライン販売での収益は購入者の住所自治体に分散して納税すべきと思うのですが。

|

« クレール平河町 ver1.9 | トップページ | 4月16日:武田教授とか++ »

ニュース抜粋」カテゴリの記事