« 首相動静:2014年3月19日 ver1.2 | トップページ | アンダーズ東京〜wiki拾い読み ver1.4 »

2014年3月21日

六本木ヒルズと虎ノ門ヒルズ〜wiki拾い読み ver1.2

六本木ヒルズ〜wiki
高さ:238m
開業:2003年4月25日
階数:地上54階、地下6階、塔屋2階
設計:森ビル・入江三宅設計事務所・コーン・ベダーセン・フォックス・ジャーディ・パートナーシップ・
槇文彦
所有者:森ビル・ハリウッド化粧品・テレビ朝日ほか
管理運営:森ビル

高所得者の象徴

住居棟である六本木ヒルズレジデンスには、大物俳優・タレントやトップミュージシャンなどの著名人が数多く居住し、 また、オフィス塔である六本木ヒルズ森タワーには、株式を公開したITベンチャー企業は相次いでオフィスを設けた。 これらの企業の経営者たちは、若くして成功したことでマスコミなどに注目されるようになった。 IT関連などの企業も多く入居し、「六本木ヒルズ族」(六本木ヒルズ住民)という言葉が使われる様になった。

上棟記念パーティー
2002年(平成14年)4月8日に都内で森ビルの六本木ヒルズ上棟記念パーティーが行なわれた。
前日上棟式を行った54階建て事務所棟A(森タワー)の40階で開かれたパーティーには、
小泉純一郎首相を始め、平沼赳夫経済産業相、竹中平蔵経済財政担当相、石原伸晃行政改革担当相など大物閣僚がズラリと揃った。ほかにも森喜朗前首相、綿貫民輔衆院議長、野田毅保守党党首、藤井裕久自由党幹事長、中川秀直前IT担当相、佐藤静雄国土交通副大臣など大物政治家が顔を揃えた。

虎ノ門ヒルズ〜wiki
高さ:247m
開業:2014年6月11日
階数:地上52階、地下5階、塔屋1階
設計者:
日本設計
建築主:森ビル
管理運営:森ビル

フロア構成
・1階-5階:店舗・カンファレンス
・6階-36階:オフィス
・37階-46階:住宅
・47階-52階:ホテル(
アンダーズ東京

■考察
2001年4月26日-小泉内閣発足
2003年4月25日-六本木ヒルズ開業

2012年12月26日-第2次安倍内閣発足
2014年6月11日-虎ノ門ヒルズ開業

小泉内閣の場合は六本木ヒルズのハココネで株式市場の起爆剤となりましたが、今回はどうでしょうか?
2006年のライブドア事件以降、新興市場に対する信頼が未だに完全復活していない気はしますが。

六本木ヒルズの高さ→238m→2+3+8=13
虎ノ門ヒルズの高さ→247m→2+4+7=13

虎ノ門ヒルズの開業予定日→2014年6月11日

2+0+14+6+11=33
20+1+4+6+1+1=33

6x11=66=33x2

13と33
1米ドル札はアメリカがフリーメイソンであることを象徴している

森ビルとフリーメイソンの関係は戦後の海軍・水交社本部ビル接収から始まっています。
何故か水交社本部ビルは大空襲の爆撃から難を逃れた訳ですが、そこをフリーメイソンがロッジとして安値で買い上げ、その後、現在の東京タワー周辺の開発を森ビルに依頼したのが始まりです。

水交社(wiki)参照

日本に君臨するもの―フリーメーソン日本ロッジ幹部の証言(メディアワークス)にフリーメイソン関係者の証言で詳しく書かれていますので、ご一読ください。

森ビル躍進の秘密は、フリーメイソンによるハココネの構築にあったと裏付けできる一冊です。

いずれにしても、虎ノ門ヒルズは新しいハココネの拠点になることは間違いないでしょう。

Thills

|

« 首相動静:2014年3月19日 ver1.2 | トップページ | アンダーズ東京〜wiki拾い読み ver1.4 »

wiki拾い読み」カテゴリの記事