« ローマクラブ | トップページ | 3月7日:シンプルに考えるとか »

2014年3月 7日

日本ロシア協会と銀七ビル

■(NPO)日本ロシア協会
ついこの間、銀七ビルの記事を書いていた時は、第8田中ビルだったのに、今日見たら
十全ビルに変わっていた。

同ビルにある(公財)協和協会と半田晴久氏繋がりになり、ハココネがさらに濃くなった。

半田晴久 (公財)協和協会 理事長
(NPO)日本ロシア協会 副会長(会長代行)
鳩山邦夫 (NPO)日本ロシア協会 会長
鳩山由起夫 (NPO)日本ロシア協会 最高顧問

協和協会は岸信介、日本ロシア協会は鳩山一族で、やっぱり日本の根幹にあるもののとおりなのである。

鳩山由紀夫議員が何故、選挙地盤が苫小牧なのか?
それは王子製紙の企業城下町だからだろう。

王子製紙と宝くじには奇妙な点がある。

ロト6:第7回:苫小牧イトーヨーカドーCC

宝くじ高額当せん売場:山口たばこ店:日南市

話題になったロト7の8億円2口が出た売場も王子製紙に繋がる。

ロト7:第7回:観音寺CC/東村山プラザCC(公財)加藤奨学財団

そもそも、王子製紙(株)1号館ビル=緑産業ビル→児玉誉士夫事務所があった場所なのだ。

これも、日本の根幹にあるもののとおりだ。

宝くじと白山の不可思議な関係は、当ブログに白山の謎など多く書いているが、
ワールドメイトと白山は次のように関連している。

Callumberg Limitedから宝くじ関連へのハココネ〜その1より

ワールドメイトの開祖→植松愛子(旧橘カオル)と白山菊理姫神
ワールドメイトの教祖深見東州(本名半田晴久)氏によると、昭和47年2月27日に、開祖植松愛子氏のもとにスの神様が降臨.。植松愛子氏は神功皇后の再来であり、35万年前の国常立大神の母神、白山菊理姫の肉体を持った再来であると言っている。
深見東州氏の平成7年(1995年)3月1日の陳述書によると、
植松愛子氏と深見氏は、昭和52年(1977年)1月5日に
道院紅卍会で初めて出会ったと述べている。

そして、銀七ビルのグランドトラスト(株)の及川幹雄元代表取締役はみずほ銀行怪チャートと一緒に出回った別文書に、宝くじプール金との疑いをちらりと書かれている。
同チャートに出てくる本間美邦税理士が税理顧問の、みずほ総合研究所(株)の所在地は次のとおり。

■みずほ総合研究所(株) ※旧(株)第一勧銀総合研究所

関西支社→日土地淀屋橋ビル→元・大阪宝くじドリーム館MTGOXと記者会見の弁護士から事情が見えてくる件

本社→日土地内幸町ビル→元・東京宝くじドリーム館勧友商事(株)旧所在地
※勧友商事もネットで宝くじの疑惑が書かれている。

本間美邦税理士→新日本実業(株)→新日本実業銀座6丁目ビル(公財)天一美術文化財団理事:鳩山邦夫議員→(NPO)日本ロシア協会 会長

非常に見事にコネクションが噛み合うのが、興味深い。

当ブログでは世界連邦運動について、公営ギャンブル、宝くじ、パチンコなど庶民から不正に略奪した金が資金の一部ではないかと疑義を抱いている。

世界連邦運動協会からのハココネ
世界連邦運動協会→丸幸ビルご近所シリーズ06ボヌール青山七福商事(株)→麹町ビル→(株)宝くじネット仰星監査法人

|

« ローマクラブ | トップページ | 3月7日:シンプルに考えるとか »

ハココネ」カテゴリの記事