« MTGOXと記者会見の弁護士から事情が見えてくる件 ver1.6 | トップページ | ビットコイン「破綻すると思っていた」 麻生財務金融相 »

2014年3月 1日

3月1日:朝+4

■考察
MTGOXの件をうやむやにしようとする姿勢が見え見えですね。
起訴すべき犯行者が不明なので、捜査機関を動かせないとか記者会見で四宮章夫弁護士が言ってましたね。この弁護士は破産管財人・更生管財人をやった末野興産(株)に絡む秘匿情報を色々持っていそうです。昔から現在まで、その裏にある秘匿情報は同じ物でしょう。宝くじのハココネが全てを物語っています。

放置国家・日本に正義はない、と断言できます。

小沢さんを告発した人たちは「名古屋の怖い人たち」:ドラえもん氏のつぶやき」小泉政権の足跡(晴耕雨読、5.3)より

さすが有能な弁護士は、蛇の道の情報にも詳しい。
元日弁連会長の担ぎ出しに動いてくれました。
そうして武装警察官同行の強制調査が悪名高き「
末野興産」に入りました。
全国の繁華街に「天祥ビル」を展開する末野興産は、別名「山口組の大家」。
ビルの1階から最上階まで山口組系の組事務所やフロント企業というビルはざらでした。


■考察
昭和の日本は、資源を持ってきて、日本で製造をして世界の工場でした。
今は、日本は何かといえば、「世界のイカサマ金融工学の拠点」となっているのです。
最後はどうなるかといえば、搾り取るだけ搾り取られて使い途が無くなったら、お役御免となるのです。
1000兆円を超える負債が国民に対しての物だから問題ない、ということは、最後は日本国民が全部被るから問題ないよ、というグローバル金融からのメッセージです。
資源の無い国の使い途で、お金の調達以外に役に立つ事は何があるのでしょうか?
アメリカと同じ、兵隊さんとして国民の生命自体が資産(アセット)となることです。
現在は、その道への変遷の途中といったところ。

■考察
ペルーからは麻薬マネーロンダリングの香りが。

■考察
宝くじハココネのデータとなる材料は、そろそろ3000件となる当ブログの記事に豊富にあります。
うちは宝くじや公営ギャンブルを主軸として、人脈を追っているので、ほとんどの記事が関係しているといえます。
引用、転載、ブッコ抜き、ミラーサイトは自由なので、ドンドン拡散してください。
核心に触れすぎていて、そのうち、閉鎖に追い込まれる可能性もあったりするかもしれないので、お早めに。

西銀座チャンスセンターで宝くじに並ぶ行列(愚民)と、それを見下ろす支配者を暗示する塚本素山ビル
ロッキード事件の児玉誉士夫の事務所があった。
現在においてもハココネの中心的存在にある。
超天才・安倍晋三首相の登録政治資金監査人の税理士事務所もこのビルにある。

日本の根幹にあるもの参照

|

« MTGOXと記者会見の弁護士から事情が見えてくる件 ver1.6 | トップページ | ビットコイン「破綻すると思っていた」 麻生財務金融相 »

つぶやき」カテゴリの記事