« 日本フィンランド文化友好協会 ver1.6 | トップページ | 証券会社が“風説の流布” 顧客に株を買わせる »

2014年3月24日

タマホームCMからのハココネとフリーメイソン ver1.2

タマホームニツセキハウス工業から関係を考察ください。

ジャニーズ・エンタテインメント〜wiki拾い読み+

日本国際文化遺産協会参照



CM公表では高額当せん(いくら?)したらしい仕掛けの青木さん((有)フィールドゴール 青木宏代表取締役)

■フリーメイソンへの連鎖
ヤナセ→「フリーメーソンの秘密」(赤間剛著)より

梁瀬長太郎--1950年4月19日入会、No.2。ヤナセ自動車の元社長、同社は日本初の自動車ディーラー、ヤナセ商会が前身で、世界の高級外車を輸入販売して有名。ちなみに、鹿島守之助(鹿島組会長)と親族。「守之助氏はフリーメーソンに十分な理解があり、『鹿島平和研究所』を創設、“パン・アジア”運動や世界連邦運動で有名です。カーレルギー伯やハンフリー副大統領(メーソン)、鳩山薫子ほかに創設した鹿島平和賞を贈呈しています。日本のフリーメーソンに入会を頼んだが、なぜか入られませんでした」(日本のグランド・マスターの話)という。

フリーメイソン(ウィキペディア日本語版)

幣原喜重郎はロンドン滞在中に林董からメイソンの精神を探求していた。幣原はロンドンでメイソンリーに入会したかったが、その前にロンドンから異動することになった。幣原は友愛精神を有する社会的平等の実現が第二次大戦後の日本においてマッカーサーにより支援されていることに感激し、日本人が自由を手にすることを期待していた。

ニツセキハウス工業古市宏幸・ヤナセ代表取締役社長
タマホーム幣原廣監査役(幣原喜重郎閨閥)

|

« 日本フィンランド文化友好協会 ver1.6 | トップページ | 証券会社が“風説の流布” 顧客に株を買わせる »

ハココネ」カテゴリの記事