« 【政治団体】春風会【森喜朗】 ver2.1 | トップページ | 日本の政治が良くならない理由-マスコミの真実 »

2014年2月13日

2月13日:朝+

■考察
森喜朗”売春検挙歴”裁判の判決文一部公開!(WEB噂の真相)
本訴原告・反訴被告(以下「原告」という。)
森喜朗
訴訟代理人弁護士
辻千晶
浅倉隆顕
春風会(代表者:森喜朗)登録政治資金監査人

辻千晶弁護士→吉岡・辻・楠部法律事務所→所在地が第2ローレルビル

第2ローレルビル勧友商事(株)

なんだか上手いこと興味深いハコモノに繋がるものです。

■ネットのスクラップ記事
宝くじのカラクリに拳骨を打つ。より全抜粋

宝くじについて、かなり前だが、宝くじの権力を握っていたのが当時、第一銀行、勧業銀行が合併して第一勧銀と言う名称になった時、勧友商事と 言う会社があった。当時勧友商事の連中と取引もあり、付き合いの仲間もいたが、この会社合併時、随分と仲間割れがあり、権力が欲しいせいか、内紛が起きて いた。宝くじ担当がこの企業にあり、1部の人間が権力を握り、購入額の相当分が、極一定の人達に金が行き、某企業、某政治家に渡り、5割は当りくじに周 り、5割は行方不明の金になっていたようだ。

上野のアメ横にくじ売り場があるが、 名前は出さないでおこう。ここの売り場の権利を持つ親の息子が現在のみずほ銀行に幹部として勤務しているが、私はこの親に、この売り場に宝くじを購入して も当らないと言った、但しここの売り場に限らず何処の売り場でも一諸だが。いくら公開しても当らないように出来ているのが宝くじ(特に億単位の当たる人は 限られているのが実体である)この謎解きは次回に。文章が長くなるので。
裏を突く ( 2010/05/28 14:07 )

|

« 【政治団体】春風会【森喜朗】 ver2.1 | トップページ | 日本の政治が良くならない理由-マスコミの真実 »

つぶやき」カテゴリの記事