« 2月23日:昼+3 | トップページ | グランドホテル浜松 ver1.1 »

2014年2月23日

ひっそりと財団を解散、盛田家の凋落止まらず

ひっそりと財団を解散、盛田家の凋落止まらず
2014年02月23日 東洋経済オンライン

昨年12月、文部科学省所管の鈴渓学術財団(東京都中央区)と愛知県教育委員会所管の盛田国際教育振興財団(名古屋市中区)が人知れず解散した。
……
財団が解散したのは新制度に適合する公益法人に移行できなかったためとみられる。実は2008年ごろから財団の資産運用は不透明なものになっていた。基本財産のほとんどを、出資先で英夫氏が代表取締役を務める盛田アセットマネジメント(名古屋市中区)に貸し付けていたのだ。その額は両財団で計9億2100 万円にも上った。

■考察
盛田家といえば→ジャパン・フード&リカー・アライアンス(株)→(公財)日本テニス協会参照

|

« 2月23日:昼+3 | トップページ | グランドホテル浜松 ver1.1 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事