« 1月29日:昼 | トップページ | 人事異動・東京都 »

2014年1月29日

内閣法制局長官〜wiki拾い読み ver1.1

内閣法制局長官
内閣法制局長官(ないかくほうせいきょくちょうかん、英: Director-General of the Cabinet Legislation Bureau)は、内閣法制局の長である特別職の国家公務員である。

初代:林修三

林修三
林修三(はやし しゅうぞう、1910年1月1日 - 1989年6月21日)は、日本の官僚。大蔵・法務官僚を経て法制局に移り、
鳩山・石橋・池田の4内閣(10年弱)にわたって法制局長官(内閣法制局長官)を務めた。

■「取締役宝くじ部長 異端のバンカー・片岡一久の生涯」大山真人著より
昭和17年11月に国民貯蓄局計画課長に就任したが、勧業銀行戦時債券部の片岡一久とはじめて出会うのは、昭和19年である。ちょうど勧銀の常務会で富くじ推進の了承を取りつけた平井と片岡が、こんどは国の了承を取りつけるために大蔵省との折衝に入った折である。戦後、法制局長官を務めることになる林修三は34歳、片岡は33歳、ともに最前線で活躍するには十分すぎるほどの若さだった。

■片岡一久関連記事
片岡一久宝くじ部長の軌跡

片岡一久宝くじ部長と人脈

|

« 1月29日:昼 | トップページ | 人事異動・東京都 »

wiki拾い読み」カテゴリの記事