« 読んだ本から〜呪縛は解かれたか:その1 | トップページ | 1月13日:朝 »

2014年1月13日

エル・シー・エーホールディングスのハココネ ver1.2

エル・シー・エーホールディングス:ハココネからの観点
そもそも、日本エル・シー・エーの旧所在地の日新上野ビル(みずほ銀行稲荷町支店ビル)が
日新建物と管理物件コネクションであったこと。

日新建物(株)のハココネは宝くじに絡むハココネである。

エル・シー・エーホールディングス筆頭株主→(株)オナーズヒル軽井沢の所在地→第2九曜ビル
望月軍四郎〜wiki拾い読み参照

第2九曜ビルのハコモノ主関連→(株)九曜社の旧所在地→大手町野村ビル

【重要なポイント】 大手町野村ビルのハコモノ主は(株)サクセス・プロである。

(株)エル・シー・エーホールディングス

常勤監査役 川口昌雄 元(株)ゴールドクレスト 監査役
(株)サクセス・プロ 監査役

(株)ゴールドクレストの所在地→大手町野村ビル

ハココネの要所はハコモノ主の監査役である。
序列:ハコモノ主の株主>ハコモノ主>テナント

(株)サクセス・プロの関連会社→(株)植むらフーズ
(株)植むらフーズ 九段倶楽部→九段ビルハーデス・グループの千代田区本拠地

■関連記事
サクセススポーツ福井からの興味深い連鎖

日本橋通り二丁目ビル周辺企業の時系列検証AIJ投資顧問(株)のあるビル

昔のニュース〜「つきじ植むら」のユーアンドユー食品、民事再生手続き開始

■考察
世界貿易センタービルが所在地のシーエルエス・シリーズ
を参照

(有)シーエルエスエリーゼリーシング→(有)プラネットホールディングス
(有)シーエルエススカイリーシング→(株)植むらフーズ

センチュリー・リーシング・システムの航空機関連SPCが何故か別物の会社になってしまう、という共通点。

2つに共通するのは、宝くじハココネであること。
これが第一勧業銀行の秘匿事項であろう。

ハコモノ企業で価値が見い出せなくなった企業でもしつこく存続する(過去のプライムシステム→サンライズ・テクノロジー)のは、秘匿情報によるアドバンテージのためであろう。

宝くじハココネは政治家や資産家に流れる。

エル・シー・エーホールディングス→会計監査人:清翔監査法人平河町宮川ビル

|

« 読んだ本から〜呪縛は解かれたか:その1 | トップページ | 1月13日:朝 »

ハココネ」カテゴリの記事