« シー・ピー・クラネット ver1.1 | トップページ | 世界自然保護基金ジャパン ver1.8 »

2014年1月 9日

『みずほ銀行』を2度処分した金融庁が恐れる『ぎょうせい』

2014年1月9日「なぜ、あんな会社を買収?――『みずほ銀行』を2度処分した金融庁が恐れる『ぎょうせい』=麻生問題に絡む3度目の行政処分!?」<事件>
2014年1月8日 週刊0510

そんな裾の汚れた企業を、どうして「㈱麻生」は買収したのか。ひょっとして、巌氏は及川氏とそのバックの人脈に接触していたのではないのか。

■考察
ぎょうせい、清和綜合建物清和クリエイトキャピタルメディカ

ぎょうせいと清和綜合建物のハココネ

麻生閨閥企業を軸に政治銘柄ハココネが構築されているのは、このブログで再三再四書いているとおりです。

千代田会館

創建御堂筋ビル

加納久朗千葉県知事はフリーメイソンと書いております。
※スコティッシュライト第32位階級・高崎廣氏の著作「日本に君臨するもの フリーメーソン日本ロッジ幹部の証言」33P

フリーメイソン閨閥によるハココネ支配です
世界を見通す目はハココネ

加納久朗〜wiki
横浜正金銀行
入行後、ロンドンにて駐英大使吉田茂の親交を得る。ロンドン支店支配人となって国際決済銀行理事会副会長にも就任。取締役として同行北支最高責任者として経済情勢分析などにあたる一方、木戸幸一に蒋介石政権の真意や国民党と共産軍の意図など、現地の政治情勢を報告する(「重慶情報」)。北京で終戦を迎え、戦後の混乱の収拾に尽力した。 家族・親族
二女 英子(実業家伊藤英吉に嫁する)※父・竹之助は伊藤忠兵衛(初代)の長女・ときの娘婿
妹・夏子(実業家
麻生太吉三男太郎の妻麻生太賀吉の母。太郎の祖母。)
孫・久美子(首相
橋本龍太郎に嫁する)

|

« シー・ピー・クラネット ver1.1 | トップページ | 世界自然保護基金ジャパン ver1.8 »

みずほFG」カテゴリの記事