« 2013年12月29日:夜 | トップページ | 益谷秀次〜wiki拾い読み ver1.1 »

2013年12月30日

けものみち〜wiki拾い読み

けものみち
『けものみち』は、松本清張の長編小説。「けものみち」に迷い込み、戦後日本の権力構造を垣間見た者たちの運命の変転を描く、著者の社会派サスペンスの代表的長編である。
……
エピソード
・小説中の「ニュー・ローヤル・ホテル」は、赤坂の高台にある3年前に新築されたホテルと描写されているが、モデルを
ホテルニュージャパンとする推測がなされている。
・本小説に登場する鬼頭洪太のモデルについて、推理小説評論家の権田萬治は、
児玉誉士夫と推測し、加えて、辻トシ子(元・岸内閣副総理秘書官)の証言からトシ子の父である辻嘉六とする説も紹介している。
……
小説中の「ニュー・ローヤル・ホテル」が所在する設定とされる、東京・赤坂周辺。小説執筆当時、
プルデンシャルタワー所在地に「ホテルニュージャパン」が立地していた。

|

« 2013年12月29日:夜 | トップページ | 益谷秀次〜wiki拾い読み ver1.1 »

wiki拾い読み」カテゴリの記事