« 12月29日:午前中 | トップページ | 12月29日:夜 »

2013年12月29日

【wiki拾い読み】ボーイスカウト日本連盟 ver1.2

ボーイスカウト日本連盟

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟(ボーイスカウトにほんれんめい、英語: Scout Association of Japan)は、「世界スカウト機構憲章に基づき、日本におけるボーイスカウト運動を普及し、その運動を通じて青少年の優れた人格を形成し、かつ国際友愛精神の増進を図り、青少年の健全育成に寄与することを目的とする」文部科学省所管の公益法人(財団法人)である。
沿革
1908年 日本にボーイスカウト運動が伝わる。
駐ベルギー日本大使だった
秋月左都夫が、英国ボーイスカウトについての情報を日本に報告。
……
1911年

ロバート・ベーデン=パウエル卿(以下 B-Pと表記することあり)が訪英中の乃木希典大将と会見。乃木は帰国後に片瀬海岸(神奈川県藤沢市)でボーイスカウト式キャンプを実施。
……
1921年 ロンドンにおいて、
昭和天皇(当時は皇太子)にB-Pが謁見し、英国ボーイスカウトの最高功労章であるシルバーウルフ章を贈呈する。
1922年
4月13日?14日 静岡で第1回全国少年団大会が開催され、ボーイスカウト、各地の子供会、宗教少年部、日曜学校少年団などが統合され「
少年団日本連盟」が発足。総裁は後藤新平男爵、副理事長に三島通陽が就任。

秋月左都夫

秋月左都夫(あきづき さつお、安政5年(1858年)2月24日 - 昭和20年(1945年)6月25日)は、日向国生れの外交官。宮内省御用掛、正三位・勲一等。
……
読売新聞社の編集顧問(後に社長)、京城日報社長を勤め、
大日本皇道立教会副会頭でもあった。 政治家の古島一雄らとともに創価教育学会(創価学会の前身)の設立にも尽力した

大日本皇道立教会

大日本皇道立教会(だいにほんこうどうりっきょうかい)は、南朝を正統とし、その皇道に沿った教育を行う趣旨の元で、1911年に創立された。中山忠英(父親は中山忠伊卿)が初代会長に就任し、大隈重信、一木喜徳郎、牧口常三郎、戸田城聖、数名の華族により構成されている。後には児玉誉士夫も加入後に、大日本皇道立教会の会員のうち、創価教育学会の創立にかかわるものがいた

大日本皇道立教会のメンバー(創価学会破折)

戸田城聖

戸田城聖(とだ じょうせい、1900年〈明治33年〉2月11日 - 1958年〈昭和33年〉4月2日)は、日本の宗教家、教育家、実業家。
創価教育学会理事長(初代)、創価学会会長(第2代)、法華講総講頭などを歴任した。

辻嘉六〜(田中角栄を歩く)

辻嘉六は、明治期に台湾総督に就任した児玉源太郎の私設秘書になったのを振り出しに原敬、床次竹二郎、久原房之助鳩山一郎ら政友会系の政治家と親密な関係を保ってきた政界のフィクサーだ。

児玉源太郎

……
台湾総督時代(1898-1906年)には、日清戦争終了後の防疫事務で才能を見いだした後藤新平台湾総督府民政局長(後に民政長官に改称)に任命し、全面的な信頼をよせて統治を委任した。

フリーメイソン(1.4.2 ボーイスカウト)参照

■考察
後藤新平といえば水沢。
巣鴨プリズンに入る前に、児玉誉士夫の財宝→辻嘉六に譲渡→河野一郎が売り歩き
藤吉男の選挙立候補の手伝い・秘書→池田大作

|

« 12月29日:午前中 | トップページ | 12月29日:夜 »

wiki拾い読み」カテゴリの記事