« 10月8日:ミネルヴァ | トップページ | 金融庁、みずほ銀を再調査へ »

2013年10月 9日

みずほ銀:暴力団融資 当時の頭取も放置 トップ進退にも

みずほ銀:暴力団融資 当時の頭取も放置 トップ進退にも
毎日新聞 2013年10月08日 20時52分

■つぶやき
全国自治宝くじ事務協議会ほか各宝くじ事務協議会のトップも進退問題かも。
何だか、みずほ銀行とオリエントコーポレーションの構造とそっくりです。
全国自治宝くじ事務協議会のトップは猪瀬直樹知事ですよね。
全国自治宝くじ事務協議会が抽せん立会に連れてくる弁護士の背景を考えると、知らなかったとは、とても思えないのですが。

ギャンブルと利権 ① (市民オンブズマン)より

2.みずほ銀行は、自治体宝くじの受理業務について再委託は自由にすることはできない。宝くじは証票法により再委託を認める場合について、自治体は再委託 業者の①社会的経済的資質に問題がないこと、②再委託事業の非違行為のないこと、③継続性、④安定性、⑤その他不適正のないこと等の承認基準を公示し、 個々の具体的適正さを審査して承認することとしている。
  ところが、大阪市の承認手続は、事実上
みずほ銀行が承認申請したものをそのまま可とし て承認しており、承認申請書類には再受託事業者の商業登記簿一つすら添付させておらず、何ら市長は承認を可とする積極材料は示されていないものであった。 (全国宝くじの東京都も大阪府も同様)
  まさに、
再委託をめぐる選定は、情報公開手続をいくらしても事実上みずほ銀行への白紙委任となって不明なのである。これは、証票法6条の再委託先業者は知事や政令都市首長が個別承認を得なければならないという規定を無視しているものである。

東京都財務局提示用資料

|

« 10月8日:ミネルヴァ | トップページ | 金融庁、みずほ銀を再調査へ »

ニュース抜粋」カテゴリの記事