« 会長はなぜ自殺したか〜読売社会部清武班 | トップページ | イトマン事件の許永中受刑者、韓国で仮釈放 »

2013年9月30日

オークション大手が所得隠し 絵画出品者から「匿名料」

オークション大手が所得隠し 絵画出品者から「匿名料」
2013年9月30日12時8分 msn産経ニュース

ジャスダック上場の公開オークション大手「シンワアートオークション」(東京)が東京国税局の税務調査を受け、平成23年5月期までの3年間で約4千万円の所得隠しを指摘されていたことが30日、関係者への取材で分かった。オークションの出品者の名前を隠した見返りに得ていた匿名料を申告していなかったという。すでに修正申告を済ませたとみられる。

 関係者によると、同社は美術品の所有者に匿名での出品を持ちかけ、実在する代理出品者の名前で出品させていた。本物の出品者からは
通常の手数料に加え、落札額の一部を匿名料として上乗せして受け取っていた。

 オークションの落札代金は、
いったん代理出品者の口座に振り込まれた後に引き出され、同社が匿名料を差し引いたうえで、本物の出品者に渡されていたという。出品者側は売却益を隠す目的で応じたとみられる。

 東京国税局はこうした取引について、仮装・隠蔽を伴う悪質な所得隠しにあたると判断した。

 民間信用調査会社によると、同社は元年設立。25年5月期の売上高は約12億5千万円。平成12年に主催したオークションで、近代西洋画家の岸田劉生の絵画が当時の最高額(約3億6千万円)で落札されるなど、業界大手として知られる。

■考察
みずほ銀行に続いて、シンワアートオークションもニュース。
ぎょうせいビルコネクション、なんだかマークされてますね。

資料A〜プラネットホールディングス

論談の投稿怪文書を検証

|

« 会長はなぜ自殺したか〜読売社会部清武班 | トップページ | イトマン事件の許永中受刑者、韓国で仮釈放 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事