« TPGキャピタル | トップページ | メモ:キョーワナスタ »

2013年9月25日

9月25日:お昼++

■考察
LIXIL買収の件、TPGキャピタルが絡んで、宝くじ人脈臭がしてきました。

NISグループ※当時
専務取締役:野尻明裕森電機関連会社の風評対策アドバイザリーボード参照
監査役:内野正昭:(公財)日本国際協力財団 監事

(公財)日本国際協力財団
ご近所シリーズ10遠藤安彦・日本宝くじシステム社長)

ニッシン債権回収(株)→現 ブルーホライゾン債権回収(株)→新六本木ビルハーデス・グループの拠点)

タカラトミー→インデックス→マッドハウス→藤澤ビルディング→ぎょうせい

そもそも、LIXILの経営一族がオーナーの日本橋通り二丁目ビル

日本スーパーマーケット協会→会長:清水信次

(財)小林国際都市政策研究財団

ハココネの原点である流通株買い占め人脈がしっかり。

(財)小林国際都市政策研究財団の→松原青美・元会長のご近所(ご近所シリーズ07

平山伸之(株)ジェイボック代表取締役→よりたてビル宮崎和俊弁護士(宝くじ抽せん立会弁護士)
※昨日のミニロト抽せんも立ち会ってました。

■考察
阪中(ご近所シリーズ01)人脈と宝くじといった感じ?
ご近所のハココネでしっかりロトの抽せん立会弁護士が入りますし、シグマ・ゲインの所在地には→新六本木ビルハーデス・グループの拠点)

現在ではフロンテックとJトラストが鍵になるのかもね。

兜町コンフィデンシャル: 株式市場の裏側で何が起きているのか」より
老舗市場調査会社の「矢野経済研究所」で金庫番だった石澤が阪中と知り合ったのは、フロンテック社長の茂木康司を通じてのことだった。茂木は毎年、長野県の諏訪湖で花火大会を開いており、その場が阪中との初対面だったように記憶しているとも石澤は振り返る。

フロンテックはもろ宝くじ絡みです→封筒組替え丁合帯掛け自動機/タカラパック・プライムシステム

秘匿情報の可能性を探る〜その1

ペイントハウスも宝くじ人脈→昔の【IR】ペイントハウス:上場廃止禁止仮処分命令の決定に対する即時抗告申立に関する決定

宝くじ封緘絡みのネット情報→ 宝くじのイカサマをスッパ抜く (探偵ファイル

この情報のポイントはガルエージェンシーの渡邉文雄代表取締役のご近所が、日本自動認識システム協会小原道郎元理事であることと、SFCGの大島社長と繋がりがあることです。
※サマンサタバサの代表取締役もご近所→グランディ軽井沢ゴルフクラブ

|

« TPGキャピタル | トップページ | メモ:キョーワナスタ »

つぶやき」カテゴリの記事