« コーワビルNo.45 ver1.4 | トップページ | 世界連邦運動から三極委員会へのハココネ ver1.5 »

2013年6月21日

事業仕分けより:自治総合センターのハココネ ver1.1

民主党政権時の事業仕分け
B-34 (財)日本宝くじ協会、(財)自治総合センター、(財)全国市町村振興協会

■(財)自治総合センターのロケーション
先ず理解しなければいけないのが、(財)自治総合センターの移転履歴です。
事業仕分け時の所在地は、山王パークタワーです。

港区西新橋1-7-1 虎ノ門セントラルビル ■このビルが所在地、旧所在地
リョービ(株)虎ノ門オフィス(財務部)
シグマ・ゲイン(株)
千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 2000年2月7日から
山王パークタワー竣工:2000年3月
千代田区内幸町1-3-2 内幸町東急ビル 事業仕分けで叩かれたので移転

民主党はしきりに、(財)自治総合センターの所在地について叩きます。

「なぜ、ここの場所(山王パークタワー)でなければいけないのか?」
「たくさんの人が訪れますので」

※賃料について言及はしなくてリース物品料などと一緒くたになっているのがハココネ会計の秘密の一つでしょう。

山王パークタワーはドイツ銀行グループ、デュポンなど国際金融勢力の拠点です。
(財)日本不動産研究所の支所も当時はあったはずです。
ハココネの一大拠点だったのです。
(財)自治総合センターは竣工と同時に移転していますが、山王パークタワー自体がハココネの拠点として当初より計画されていた、と推測できます。

そして、事業仕分け後の移転先内幸町東急ビルはリクルートコスモスの元拠点。
(財)自治総合センターと前後して転入した会社を調べれば、ハココネを理解するのに丁度良いです。

そもそも(財)自治総合センターの行っている助成事業は、(財)日本宝くじ協会と被ります。
2つも必要ありません。

自治総合センター 宝くじ資金審議委員会では、新橋駅前ビル1号館にコネクション。
このビルのポイントは、理想科学工業(株)です。

|

« コーワビルNo.45 ver1.4 | トップページ | 世界連邦運動から三極委員会へのハココネ ver1.5 »

ハココネ」カテゴリの記事