« 国民銀行・金融整理管財人 | トップページ | 物産ビル別館 ver2.6 »

2013年6月11日

宮城事件

宮城事件〜ウィキペディア日本語版

宮城事件(きゅうじょうじけん)とは、1945年(昭和20年)8月14日の深夜から15日(日本時間)にかけて、一部の陸軍省幕僚と近衛師団参謀が中心となって起こしたクーデター未遂事件である。
日本の降伏を阻止しようと企図した将校達は近衛第一師団長森赳中将を殺害、師団長命令を偽造し近衛歩兵第二連隊を用いて宮城(皇居)を占拠した。しかし陸軍首脳部及び東部軍管区の説得に失敗した彼らは自殺もしくは逮捕され、日本の降伏表明は当初の予定通り行われた。

阿南惟幾〜ウィキペディア日本語版

……
また、阿南の自決と時を同じくして8月14日深夜に始まったクーデターは、阿南のクーデター拒絶(宮城占拠部隊の武装解除に反対していたともいわれているが、8月14日の三長官会議で既に罷免が決まったため、クーデターを積極的に支援することはできなかった)により、宮城事件としてまったくの未遂に終わった。

田中静壱〜ウィキペディア日本語版

……
終戦当時は東日本の本土防衛を担う東部軍管区司令官。米軍上陸に備えて迎撃の計画も練り上げていたが、皮肉にも叛乱鎮圧が田中の最後の任務となった。宮城事件(玉音放送も参照のこと)が起きると自ら皇居に乗り込んで幹部将校を説得し、混乱を収束させた。昭和天皇はその働きに対して同日の8月15日夕刻拝謁を賜ったが、それから9日後の8月24日、最後の反乱となった川口放送所占拠事件を鎮圧した夜、司令官自室で拳銃を用いて自殺した。享年57。辞世の句は「聖恩の忝けなきに吾は行くなり」。

■考察
宮城事件→NHK東京放送会館日比谷国際ビルヂング新日本有限責任監査法人
宮城事件→田中静壱陸軍大将→塚本素山(専属副官)→塚本素山ビル

日比谷国際ビルヂング→設計:山下寿郎建築事務所(現・山下設計

疑獄と謀殺参照
24-衆-予算委員会-16号参照

宮城事件を扱う書籍
日本のいちばん長い日(半藤一利著)
日本のいちばん醜い日(鬼塚英昭著)

阿南惟幾陸軍大将の子息→光文社陸軍士官学校58期卒参照

疑獄と謀殺より

日本に運び出し、隠匿したのは、当時フィリピン軍政付だった憲兵・杉山少佐と、司令部副官塚本少佐であったといわれていた。
 二人は昭和18年3月に、ひそかに財物を東京に空輸し、終戦直前まで、保管したというのである。

田中静壱〜ウィキペディア日本語版

1943年(昭和18年)3月12日 - マラリアに似た高熱を発する。このとき生長の家を勧められる。

|

« 国民銀行・金融整理管財人 | トップページ | 物産ビル別館 ver2.6 »

日本政治」カテゴリの記事