« RFIDとETCと道路料金システム ver1.5 | トップページ | 新トヤマビル ver1.3 »

2013年2月17日

2月17日:夕方

財界ハココネ再構築は裏で進行中。
(株)麻生による、怪文書の中心プラネットホールディングスとその親会社ぎょうせいの買収は、その一つである。

麻生一族と国際金融勢力の関係はここまで遡る。

加納久朗〜wiki
横浜正金銀行入行後、ロンドンにて駐英大使吉田茂の親交を得る。ロンドン支店支配人となって国際決済銀行理事会副会長にも就任。取締役として同行北支最高責任者として経済情勢分析などにあたる一方、木戸幸一に蒋介石政権の真意や国民党と共産軍の意図など、現地の政治情勢を報告する(「重慶情報」)。北京で終戦を迎え、戦後の混乱の収拾に尽力した。

家族・親族
二女 英子(実業家伊藤英吉に嫁する)※父・竹之助は伊藤忠兵衛(初代)の長女・ときの娘婿
妹・夏子(実業家
麻生太吉三男太郎の妻麻生太賀吉の母。太郎の祖母。)
孫・久美子(首相
橋本龍太郎に嫁する)

横浜正金銀行〜wiki
設立に当っては、1円銀貨の導入を支援するなど当時の日本の海外貿易・外国為替に大きな影響力を持っていたHSBCを模範とし、HSBCも横浜正金銀行に協力を惜しまなかった。運営に際しては小泉信吉をはじめとする慶應義塾門下生が多く関わった

森永製菓と繋がりのある安倍家だが、森永は宝くじとは第一勧銀初代宝くじ部長の頃から繋がりがある。
第一勧銀・初代宝くじ部長参照

そして、フリーメイソンの浜田卓二郎元議員周辺も動いている。
以下参照
カーチスホールディングス
【IR】ユニバーサルエンターテインメント
日本に君臨するもの〜フリーメーソン日本ロッジ幹部の証言

|

« RFIDとETCと道路料金システム ver1.5 | トップページ | 新トヤマビル ver1.3 »

つぶやき」カテゴリの記事