« 2月26日:夜 | トップページ | 麻生閨閥 ver1.2 »

2013年2月27日

「橋下徹のカネと黒い人脈」より ver1.3

橋下徹のカネと黒い人脈」(一ノ宮美成+グループK)
稲盛人脈の分析中に読んでたら、橋下さんの最大のブレーンが上山信一慶應大教授になってました。
上山氏は(株)麻生の監査役(現任)ですね。

P17より

先の橋下番記者が言う。
「ブレーンは、だいたい
上山さんが探してきている。自らの出身企業であるマッキンゼーからだけでも五人以上を登用していて、元官僚も何人かいる。国の諮問機関や竹中平蔵元金融担当大臣の下で働いていた、いわゆる新自由主義・構造改革路線派が、特別顧問・参与の主流です

慶應閥ということは、(財)交詢社にも繋がる可能性が高いのですが……。
交詢ビルは、ぎょうせいビルともハココネで繋がるところです。
※MOS合同法律事務所(交詢ビル)の佐野洋二弁護士がシンワアートオークション(株)(ぎょうせいビル)監査役

上山信一慶應大教授→構想日本政策委員・運営委員(代表は加藤秀樹。創設時から参画)
加藤秀樹
(NPO)日本政策フロンティア最高顧問:稲盛和夫

上山信一慶應大教授→東京財団上席客員研究員
加藤秀樹東京財団 会長

東京財団→大光監査法人→日本ベトナム経済フォーラム監事からのコネクション

|

« 2月26日:夜 | トップページ | 麻生閨閥 ver1.2 »

読んだ本から」カテゴリの記事