« 【IR】JALCOホールディングス | トップページ | TCMビル »

2012年12月26日

日比谷平左衛門〜wiki連鎖 ver1.1

日比谷平左衛門
日比谷平左衛門(ひびや へいざえもん、弘化5年2月21日(1848年3月25日) - 大正10年(1921年)1月9日)は、明治期の紡績実業家。東京富士瓦斯紡績や日清紡績など紡績業に深く関わり、東京商業会議所副会頭を務めた。
経歴

……
明治34年(1901年)頃、森村市左衛門の懇意により、武藤山治、和田豊治、佐久間福太郎と共に、日清紡績、鐘淵紡績の設立に関わり、「日本紡績界の巨人」といわれるようになった。

森村市左衛門
森村市左衛門(もりむら いちざえもん)は、武具商・陶磁器業などを営んだ森村家の歴代当主が襲名した名前。特に、森村財閥の創設者である6代目・市左衛門(天保10年10月27日(1839年12月2日)-大正8年(1919年)9月11日)が有名である。

森村財閥
森村財閥(もりむらざいばつ)は、明治から大正期に成立した財閥で、6代目森村市左衛門が創設した森村組(現在の森村商事)および日本陶器合名会社(現在のノリタケカンパニーリミテド)とその系列会社で構成されていた、陶業、商事を中心とした企業集団のこと。
かつては、森村銀行という金融部門をもっていたが、1929年(昭和4年)5月 に三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)へ合併された。その関係で、三菱財閥と親密な関係があった。

森村商事
森村商事株式会社(もりむらしょうじ)は、日本の老舗商社。扱う商品はセラミックスや樹脂・化成品などの工業用原材料を中心に、金属や産業機械、食品など多岐に渡る。米国やオランダ、中国、インドなど世界各地に拠点を持つ。
1876年に森村市左衛門と弟豊が東京銀座に設立した森村組が1946年に社名を森村商事株式会社に改称し、現在に至る。ノリタケカンパニーリミテドなど森村グループの各社を派生させた、かつての森村財閥の中心企業である。

■(一社)日本マグネシウム協会
会長:金澤武森村商事(株)
日本マグネシウム協会旧所在地→塚本素山ビル

森村商事(株)大阪支社→御堂筋ダイワビル

■森村商事(株)のロケーション
森村ビル ※TOTOは森村グループ
勧銀不二屋ビル→NHKアイテックと白洋舎

1226xa


|

« 【IR】JALCOホールディングス | トップページ | TCMビル »

wiki拾い読み」カテゴリの記事