« 藤山愛一郎〜wiki拾い読み ver1.1 | トップページ | インターネットによる宝くじの試行販売における販売事業者の決定 »

2012年12月11日

宝くじの改善されない不思議〜その2

宝くじの改善されない不思議

どうも、宝くじは、後で正確に統計を取られないように、情報を全部ではなくて部分的にしか公開しない傾向が昔からあります。

例えば、宝ニュースですが、ここでは毎月換金〆切が近い未換金分を発表しています。

昨年の年末ジャンボの未換金分については、一般新聞ではこのような報道がなされています。

福井で販売の1等宝くじが未換金 昨年の年末ジャンボ、支払期限迫る
2012年11月27日 午後5時54分 福井新聞

昨年の年末ジャンボ宝くじの1等(2億円)5本が、まだ換金されてないことが27日、分かった。うち1本は福井県福井市の福井ワイワイプラザチャンスセンターで販売された。
 支払期限は
来年1月4日で、あと1カ月余りに迫っている。みずほ銀行宝くじ部は「せっかく射止めた幸運。いま一度、手元の宝くじ番号を確認して」と呼び掛けている。

5本も換金されていないようなのですが、宝ニュースでは……
支払期限間近の当せん番号(250万円以上)(宝ニュース 平成24年12月号)
1月31日までに支払期限のくる未払高額当せん金は次のとおりです。(平成24年11月2日現在)
ただし、平成23年発売の年末ジャンボ(第614回全国自治宝くじ)は除きます

どうして年末ジャンボは除くのでしょうか???
「せっかく射止めた幸運。いま一度、手元の宝くじ番号を確認して」と呼び掛けないのでしょうか???

■宝ニュースといえば→宝くじと宮内庁人脈〜大幸企画

ベルパークからの辿り方参照

|

« 藤山愛一郎〜wiki拾い読み ver1.1 | トップページ | インターネットによる宝くじの試行販売における販売事業者の決定 »

宝くじの闇」カテゴリの記事