« 【メモ】元野村證券田淵節也氏→笹川平和財団会長 | トップページ | モルガン・スタンレーの恵比寿ガーデンプレイス離脱 »

2012年12月19日

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーとジャンボ宝くじCM

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー
リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー(ドイツ語: Richard Nicolaus Eijiro Coudenhove-Kalergi、1894年11月16日 - 1972年7月27日)は、クーデンホーフ=カレルギー伯爵家の人物で、東京生まれのオーストリアの政治家。
汎ヨーロッパ主義を提唱し、それは後世の欧州連合構想の先駆けとなった。そのため「EUの父」と呼ばれる。別名、青山栄次郎。
……
1955年、フリーメイソンのクーデンホーフ=カレルギーは欧州の歌としてベートーヴェンの「歓喜の歌」を提案した。それは友情の絆により結束した平等な人々の社会というメイソンの理想を描写するものであり、ドレスデンのメイソンロッジ「三振りの剣とグリーンダイヤモンド上のアストレア」(Zu den drei Schwertern und Asträa zur grünenden Raute)の委員団のためのクリスティアン・ゴットフリート・ケルナー(英語版)委員会に起因する。

2012年・年末ジャンボ宝くじCM
ー「666」編

現在同CMは「歓喜の歌」編ですね。

わざと狙ってるのかな?

666 is no longer alone
ピーターガブリエルはピラミッド状の被りもので登場するし、
Supper's Readyも終盤「歓喜の歌」のようなフレーズが。

Lord of Lord's,
King of Kings,
has returned to lead his children home,
to take them to the New Jerusalem.

の後ですね。
この歌詞も意味深です。世襲で新エルサレムを目指すのでしょうか。

|

« 【メモ】元野村證券田淵節也氏→笹川平和財団会長 | トップページ | モルガン・スタンレーの恵比寿ガーデンプレイス離脱 »

宝くじの闇」カテゴリの記事