« 小野國嗣基金 | トップページ | 【世界連邦運動】第10回尾崎行雄(咢堂)杯演説大会 »

2012年10月24日

平河町ビルディング ver1.9

平河町ビルディング
東京都千代田区平河町2-7-2

7F カーゴルックス・エアーラインズ・
インターナショナル・エスエー
■本拠地
ルクセンブルク大公国
カーゴルックス航空〜wiki
6F 事業再生実務家協会
6F (株)ビジネスプランニング・フォーラム ■役員
代表取締役社長:冨川洋
取締役:松澤三男
取締役:松嶋英機
監査役:西田章
弁護士 西田法律事務所・西田法務研究所
■西田法律事務所
千代田区平河町2-16-15 北野アームス
5F ロンツ債権回収(株) 東京営業所
■福岡支社:ダイアビル福岡赤坂
(株)自由企画社 旧所在地(2007年3月26日-2009年6月22日)
2009年6月22日-千代田区平河町2-11-5に移転

森喜朗〜wikiより

カーゴルックス航空の誘致

1985年から福岡空港に貨物便を就航させていたルクセンブルクのカーゴルックス航空が日本便の貨物取り扱い量が伸び悩み、撤退も含めて再検討をしていた際、3000m級の滑走路がある他の拠点として
小松空港に着目した。小松空港サイドは森を押し立てて運輸省に陳情を行い、1994年よりカーゴルックスは小松に移転した。当初は週2便、その後徐々に扱い量が増加し、2001年には3便から5便までの枠が認められ、2000年代前半には年2万トンを超す扱いがあったがリーマンショック以降1万トンを切る水準まで落ち込み、その後の景気回復で再び増加に転じている。しかし朝日新聞によればカーゴルックス側の本音は関西国際空港への就航であり、同空港への枠を認めない国土交通省の姿勢に森を初めとする石川県の陳情、政治圧力を批判的に指摘されてもいる。 とは言え、小松空港から首都圏・中京圏・関西圏の日本の三大都市圏には高速道路を使えば比較的早く到達することができるのは事実である。そう言う三大都市圏のどこにもアクセスしやすい立地環境を評価する意見もある。

|

« 小野國嗣基金 | トップページ | 【世界連邦運動】第10回尾崎行雄(咢堂)杯演説大会 »

興味深い場所」カテゴリの記事