« コンベルソ〜wiki拾い読み+ | トップページ | スウィッシュ・ジャパン〜wiki連鎖 »

2012年8月22日

昔のニュース〜破綻したリーマン・ブラザーズが日本でやったこと(上)

破綻したリーマン・ブラザーズが日本でやったこと(上)

2008年9月20日 09:30 ネットアイビーニュース

米国本社に続き、日本法人のリーマン・ブラザーズ証券(東京都港区)も9月16日、3兆4,000億円の負債を抱えて民事再生法を申請して倒産した。悪評を買ったのは、その夜、報道陣の前に姿を見せた桂木明夫社長(58)の会見。
……
東京大学法学部を卒業し、1977年に日本興業銀行に入行、約10年間にわたって国際金融業務に携わった。この間、ベンシルバニア大法学部大学院に留学。88年に興銀を退社した。「競争が激しいグローバル金融の世界に挑戦する」が退職の理由。米バンカーズ・トラストに転じた。しかし、バンカーズでは活躍する場がなかった。そこで米ゴールドマン・サックス東京支店に転職。職場で興銀時代の上司に再会し、ヴァイスプレジデントの肩書きがついた。
 ゴールドマンの桂木氏をスカウトしたのが、モルガン・スタンレー・ジャパンの社長だったティエリー・ポルテ氏。後に新生銀行社長になるポルテ氏は、桂木氏をモルガンの投資銀行部門のトップに引っ張った。

在日トップにヘッドハント

 モルガンの桂木氏をヘッドハンティングしたのが、今回の破綻劇を招いた米本社のリチャード・ファルドCEO(最高経営責任者)(62)だった。39年間、リーマン一筋。

……
 「リーマンは、ウォール街最古の伝統をもっているが、ゴールドマンやモルガンという名門からは格が下の二流とみられ、身売りの噂が絶えなかった。日本でも、旧財閥系など有力企業グループが取引するのはゴールドマンモルガン東京でも、ウォール街と同じ壁があった。リーマンは日本での投資拡大を図るため、米投資銀行でキャリアを積んできた桂木さんをスカウトしたのです」(金融関係者)
 2001年9月、桂木氏は米リーマン・ブラザーズ証券の在日代表に就いた。


■つぶやき
桂木氏旧住所=稲見友之弁護士の住所
※リーマン・ブラザーズ証券(株)(港区)法人登記簿
保岡興治後援会連合会(2010年)政治資金収支報告書にて確認

|

« コンベルソ〜wiki拾い読み+ | トップページ | スウィッシュ・ジャパン〜wiki連鎖 »

ニュース抜粋」カテゴリの記事